ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前々から気になっていたのでニュースサイトのリンクが最もホットだった日からどのように変化していくかをアクセス解析を使って調べてみた。紹介された記事は詭弁の我妻由乃:360度の方針転換で、最大アクセス数を100%としてその前後の日がどれくらいの割合でアクセス数をえているかを表記する。そのため更新時間の影響を受ける。

範例:紹介してくださったサイト名(敬称略) リンクを頂いてからの経過日数とパーセンテージ

ふぇいばりっとでいず 一日目:49% 二日目:100% 三日目:19%

痕跡症候群 一日目:1% 二日目:100% 三日目:25% 四日目:6% 五日目:3%

ゴルゴ31 一日目:100% 二日目:11% 三日目:0%

たまごまごごはん 一日目:100% 二日目:37% 三日目:15% 四日目:2%

天涯の森 一日目:100% 二日目:28% 三日目:5% 四日目:3%

MOON CHRONICLE 一日目:100% 二日目:8% 三日目:3%

キャまのほんや にゅーすこ~な~ 一日目:87% 二日目:100% 三日目:13%

図3
図:100%の位置を合わせたパーセンテージの推移

 こうやってみると単純なアクセス数からは見えない特色もみえてくる。
 夕方更新されるふぇいばりっとでいずさんは二日目のアクセスが最大になっており割となだらかな山形を示す。ゴルゴ31さんやMOON CHRONICLEさんはかなりの初動型で一日目にアクセスが集中している――アクセス解析的には印象に残りやすい。
 やはりテキストサイトでもあるたまごまごごはんさんからのアクセスは特殊で長く尾を引く傾向があった。それに近い動向を示しているのが痕跡症候群さんや天涯の森さんだ。

 これらの差は更新時間や紹介リンク数によって生まれていると考えられる。ニュースサイトとしてアクセス解析に熱心なテキストサイト管理人に自らを印象付けるなら――たとえば全体の数が少ないのなら1日に集中できる0時更新を行うなど――アクセス数にそった戦略を立てると効果的かもしれない。



スポンサーサイト
 ちょっとおもしろいサンプルが手に入ったので紹介してみよう。
 全周無警戒: 漫画レビューサイトリンク集が1月14日を中心にいくつかのニュースサイトに紹介され、ここを経由してこちらも私のサイト、360度の方針転換~漫画感想考察ブログへアクセスがあった。どちらにもアクセス解析をおいているため、それぞれのヒットをみることができる。
 結果は、

 全周無警戒がニュースサイトから受けたヒット合計:894
 360度の方針転換にこの記事からあったヒット:27

 というわけで3%になった。27がそれぞれのサイトに流れたと考えればなかなか大した数字だけれど、そもそもリンク集であることを考えると割合が少ないようにも思われる。まぁ、ニュースサイトからやってきた人がさらにリンクを踏んでしてくれる可能性は局所的にも10%は超えにくいって事なんだろう。おそらくどんなサイトが紹介されているかのみをチェックした人も多かったはずだ。
 ちなみにはてなブックマークは9件だった。理想的には出撃地点として使ってほしいのだけど、それはまぁ1%いけば上々のようす。これを多いと考えるか少ないと考えるかは、チャンスを一回切りと考えるか、何度でもあるものと考えるかにもよるだろうな。
 しかし、そんな肝心な時にリンク切れを放置していたのが痛い。やっとチェックして直したよ…。
 なぜならネタが無いからさ。えっへん!
 私のブログの関する記憶にとって1年はずいぶん長いので、うろ覚えの部分が多々あると思うが強引にやってみる。しかも360度の方針転換とあるブログの舞台裏のどっちが紹介されたか勘違いしている可能性すら……まぁ、なんとかなるさ。とりあえず360度の方針転換の分をやる。
凡例:
◎ 今年紹介されたし、トップにリンクも張ってもらってるよ!
○ 今年紹介されてもらいました!
□ 今年は紹介してもらえなかったけれどトップにリンク張ってもらってる。
△ 今年は無かったけれど昔紹介してもらった。
× 紹介してもらったことなど無い。管理人さんは一度もうちを見たことがないに違いない。
- 紹介もなにも、そこうちのサイトだから…
RinRin王国 ×
オレンジニュース ×
◆めっつぉ:スクウェア&デジタルニュース ×
ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
ミュージックマシーン ×
ゲーマーホリック ×
ugNews.net
情報屋さん。 ×
ソフトアンテナ ×
PINUPS - 上田新聞 blog版 ×
駄文にゅうす
星を見る人 ×
つかれた×
N-Styles - 任天堂 Wii DS情報サイト×
まなめはうす×
Garbagenews.com ×
ゴリラブーツ ×
移譲記章 ×
かーずSP
カトゆー家断絶
ゴルゴ31
白い戯言
「最後通牒・こぼれ話」 ×
BRAINSTORM ×
ふぇいばりっとでいず
ぬるヲタが斬る
痕跡症候群
MOON PHASE ×
MOON CHRONICLE
アイドルゴシップクリッピング ×
駿河電力/スク水.jp ×
DependSpace ×
究極最終兵器2ndWeapon ×
鍵っ子ブログ(Key Blog) ×
声優ニュース.com ×
初音ミクニュース ×
Forest Field ×
無駄な領域リサイクル×
酔拳の王 だんげの方
マンガ☆ライフ
やくろあんてな
明日は明日の風が吹く
 たぶん、◎1、○13、△1かな?ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWSさんからのは自推でもらえる特別なリンクで、酔拳の王 だんげの方さんからのは漫画ナツ100でレビュー記事が紹介されてのリンクだった。
 上記にないニュースサイトだけど、最近では萌えプレさんや、天涯の森さんにお世話になっている。ネギま関連では継続的にネギのスさん、ネギま!部屋(楊さんのページ別館)さんからのアクセスが多い。
 全てのリンクに感謝を!
 週刊少年ジャンプに中堅作品を円満終了させる選択肢はないのだろうか?がなかなか注目される記事になった。サンデーの記事を書いた時はコメントは盛況だったものの、ニュースサイトで大きく取り上げられることはなかったのだが。
 アクセス解析に1000とか100とか表示されるのをみて、これが本物のニュースサイトの威力か、と自分のそれと比べてショボーンとしたり精神的にいろいろ忙しい。
 あえて作品を名指しするのはさけたのだが、中堅や看板に対する認識が人それぞれけっこう違っているのを感じたのも気になった点だ。

 大手ニュースサイトからのアクセスは確かに凄いけれども、その人数がいつものアクセス数と桁違いにならないことも感慨深い。ニュースサイトに紹介されなくても、ジャンプなどフックの強いものの記事を書いていなくても、それだけの人が読んでくれているのだから。
 それが頼もしく、マイナーなものでも積極的に取り上げていく事にしようと思いを新たにするのだった。フツー逆か?


FC2ブログをはじめよう!

登録はこちら>>>
 tanabeebanatさんのハヤテのごとく!公式ガイドに「あれ」が載るという記事が手に汗握る展開だったになっている様子。私も自分のニュースサイトで紹介するべくリンクを取ったので非常に納得のいく状況である。
 ニュースサイトがニュース記事を紹介しやすいのはむべなるかな。ニュース記事はだいたいこんな条件を満たしていると良さそうだ。

・情報が早い
 当然だけれども誰よりも早く情報をゲットして、上手く紹介していること。定時更新より即時更新に慣れているとやりやすいだろう。

・確度が高い
 情報の出どころや事実関係がしっかりしていること。スキャン画像などを使うと更に説得力が増す。

・みんなが興味をもっているトピックスを扱っている
 当然だけれどもそこそこのメジャー性は求められる。メジャーすぎると競合者が多いのが問題だが。


・簡明である
 ニュースである以上、タイトルも本文も直感的に把握できる構成になっていると良い。

・元からある程度のアクセスがある
 特にニュースサイト運営者に巡回されていると話が早い。情報が拡散して行くのがネズミ算式にしても、ネズミの初期数が多いに越したことはない。


 いつもニュース記事を狙っているのは疲れそうだが、「これは!」と思うものに出会ったら躊躇わずに速報してみると、手に汗握る展開があるかもしれない。それほど極端に「特ダネ」である必要はないようなのだ。目端が効くくらいでも勝負になりうる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。