ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 PCも復帰したことだし久しぶりに更新。
 全周無警戒のネタはどこから持ってくるか?

・他のニュースサイト。見ているのはゴルゴ31明日は明日の風が吹くくらいだが、よほどの記事なら孫引きさせてもらう。
テクノラティ検索・Ask.jp : ブログ検索。ブログの最新記事、特に画像を探すのに使用。
・グーグル検索:上位しかチェックできないが適当な言葉を入れて検索。
・グーグル画像検索。思わぬものにぶつかる可能性あり。
はてなアンテナ - death6coinのアンテナ。ここからの良い記事は同じページでも引用。登録には前段階がある。
はてなサービス全般。人気記事や公開されているもの。ただし、あまり人気のあるところから持ってきても紹介の意義は薄い。

 だれでもニュースサイトは始められる。人気が出るかどうかはセンスが合う人が多いかどうかかな?
スポンサーサイト
 全周無警戒については考えることが多い。360度の方針転換~ハヤテのごとく!応援ブログの方は方針が定まってしまっていて、ともかく記事を書き続けることになっているので、考えたことや小技を紹介することはできるが、リアルタイムなネタは少ないかもしれぬ。


 そこでタイトルなのだが、全周無警戒の目標ユニークアクセスは1日300である。360度の方針転換に確実な影響を及ぼすにはそれくらいは必要だろう――この視点だとさきに360度の方針転換の読者である人と、全周無警戒から360度の方針転換に来る人では異なるわけだが。
 300に達するための気長なブログ設計として次のようなことを獲らぬたぬきの皮算用している。

・360度の方針転換のリンクからじわじわと増える。
・ブログサーチから地味に増える。
・あるていどのまとまりができるとアクセス解析に影響が出るようになり、リンクされたブロガーの中には懇意にしてくれる人もいるかもしれない。彼らの紹介によって増える。

 以上の効果によって実力の及ぶ範囲までは雪だるま式にユニークアクセスが増えたりしないかなー。来てくれるだけではなくてブックマークに登録されないといけないのが難点だ。
 とりあえずトラックバックを打つほどの中身はないのでそれは却下。SEO対策も構造上効果は低いので最小限――タイトルだけ一位になれれば充分。
 あとはリンクをいくつ連ねても気にならないところを利用して相互リンクを増やしていくくらい。とりあえず痕跡症候群に依頼してみた。歯牙にも掛けられないかもしれないけど、それはそれで励みになるからOK。

 とりあえず360度の方針転換の経験から確信できることは継続は力なりということだ。
 ユニークアクセスにおいてはぷらずまだっしゅ!の方が多いのにトラックバックで360度の方針転換~ハヤテのごとく!応援ブログに来る人はさくら日記からの方が多い。理由をプラグインの表示形式などを見て考えたが、ブログ単体で考える視点自体が間違っていることに最近気付いた。
 さくら日記は管理人のいくのさんが運営するハヤテのごとく!好き好き大好き大作戦のトップページから記事ごとにリンクを張られている。ハヤテのごとく!好き好き大作戦にきたファンの方はさくら日記のトップページではなく記事ごとに読んでいるのだ。そのため、最下部にあるトラックバックが目につきやすく(いちいちページを開く必要がないので)トラックバックからのアクセスが多いという寸法なのだろう。
 サイトとブログの組み合わせが効果を発揮する一例といえる。
 360度の方針転換をはじめた目的のひとつだが、答えは確かに上達するがそれが私が望んだ部分と一致しないってところ。記事の長さにもよるけど豊富な表現力や語彙がなくてもブログはなんとかなるものだ――あった方がよいのは当然。
 だから油断していると定型的な記事の乱発に陥ってしまう危険がある。とくにキャプ画像を使っていると読者は飽きにくいので、その愚を犯しやすくなると思う。自分の能力不足が補えるようにするのはよいが、能力劣化が分かりにくい状況はあまり歓迎できない。
 そこらへんも私が360度の方針転換を地味なデザインで運営している理由。けっしてセンスがないわけではない。
 お付き合いのあるブロガーにはFC2ブログの人が多いわけだが(おそらく半数はFC2)、FC2ブログは訪問者がユーザーであるときに逆リンクの記録を残してくれるようだ(dtiブログも)。
 これによってFC2ブロガー同士の付き合いが密になるのだろう。反面、それを重視しすぎて読者が置いてきぼりにならないかお父さんちょっと心配なのだが。
 しかし、知っているブロガーさんにここを見られているというのはプレッシャーというか慣れない感覚を受ける――コメントとは異なる。そのうち慣れるのだろうけど、それまではむず痒いかも。
 あと、自分も足跡を残していることになるわけで、それがこんな裏ブログというのも、ちょっとなぁ。(調べたら残さないようにもできるらしい。でも、あえて残す)
 左下に公告も出しているDTIブログを立ててみた。ネタがここなどよりも実生活よりなのでリンクを張るのは、まだ控えておく。大丈夫そうだと判断したら張るかもしれない。

 操作性はFC2に似て、自由度はアメーバに似た感じ。ドメインのつき方はSEOに強いタイプ。最大の売りは動画がアップできることだが今のところ、その予定はなし。ためしに一回やってみるのも面白そうだけど。最近デジカメを使わないからなぁ。

 とくにお勧めではないが、そんなに悪いブログでもない印象だ。


 タイトルの前にそもそものブログの役割とは何か?
 それはブロガーが楽しむことだと思っている。記事を投稿し、ブログを構築し、コンテンツを充実させ、読者を楽しませるのは楽しいし、それらに楽しみを見出せないとブログを続けられないだろう。

 で、360度の方針転換だが成長の限界というか、このままの更新を続けていくと、どんな感じか半年でみえてきた。
 もはや内的要因は煮詰まっているように思えて(本当はいろいろ残っているのだろうけど)楽しんでいるけど、動かせないものに不条理を感じないでもない。

 だから動かせない外的要因を自分で作ることにした。全周無警戒である。このニュースサイトは気に入った記事なら360度の方針転換の記事でもとりあげることにしている。つまり自作自演。
 この二つが順調に噛み合うことができれば、内外から私のコンテンツを盛り上げることも不可能ではないだろう、難しいけど。

 とりあえずアクセス数的な視点から考えれば(両方ともアクセスのはそれなりに良いと思うことにして――これの評価が本当に難しい)、360度の方針転換は豊富な記事によってサーチエンジンから読者をえるブログであり、全周無警戒はニュースサイト(基本的な鉱脈が大きい)が本質的にもつネット上のブックマークとしての属性を利用して読者を増やしていくブログであるといえる。

 ニュースサイトはリンクを張りまくることからSEO的に不利になりがちで、レビューサイトと共存させると足の引っ張り合いになる可能性が高い。
 つまりは全周無警戒に損な役回りを押し付けつつ人を集めて360度の方針転換に流そうというのが、この越後屋の悪巧みである。

 まぁ、どちらも実力以上の読者を集めることは不可能なのだが。ちなみにこのブログの役割はまだ考察中。
 実際のところ「やりたくなったから」「面白いから」以上の理由を出すのは後付けで、それもブログを楽しむために考えているに過ぎない。
 私はここ以外にもライブドアブログとシーサーブログとアメーバブログを運営している。その中でメインとなるのはライブドアブログの「360度の方針転換~ハヤテのごとく!応援ブログ」だ。
 このブログは私は初めて作ったブログであり(初めて作ったサイトではないが)その場の勢いでライブドアにしたわりにはなかなかよいブログだ。
 360度の方針転換を運用するにあたって掛けた手間隙や学んだ技術がネタになるほどたまったので、ここでひとつブログのためのブログをやってみようと思った。

 その手のブログの大手としては「【無料ブログ比較なら】まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。」や「ブログをとことん調べます。」にとてもお世話になった。ここと被り過ぎないように気をつけながら、ブログのためではないブログをもっている身として意義のある記事を書いていきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。