ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 なぜそう思ったのか?たとえばニュースサイトからのリンクであれば大量のアクセスが付随しようとも本質においてサイト運営者同士の一対一の関係と受け取れる。コメントもトラックバックもたいていの場合は一対一が基本だ。
 それに対してはてブにはたくさんブックマークされた記事を紹介する機能やその記事へのブックマーク・コメントをまとめて見れる機能がある。そこに居心地の悪さがある。まるで集団に一人で相対しているような、檻の中の珍獣が多くの観客の視線を浴びているような気分になるのだ。
 もちろんアクセスが1ではないことは全てが多対一であることを示唆している。だが、それは微分して一対一と感じられる。反対にはてブは積分して多対一であることが表立ってしまう。
 何よりもアクセス解析によって、それが見えてしまう。掲示板で叩かれる場合はhが抜かれていて気付かなかったり、「○○でググれ」とクッションが置かれるものなので見えないのだが。

 かくゆう私もはてブユーザーで、ホットトピックスにはお世話になっていたりするのが、複雑で皮肉で愉快なところ。
 それにしてもジレンマを抱えた記事だ。
スポンサーサイト
 間違っているというか最も儲けを上げられる方法ではないだろうということ。私は感想を書いてその作品へのアマゾンリンクをはるが、検索で来る人の大部分はその作品を既に入手してネットでの評価を知りたくなってくるのだと思う。
 だからその作品のリンクを張っても購入するわけがない。
 本当に本を売りたければリンクは「この作品が気に入った人にはこちらもお勧め」という形ではるべきだ。これなら間違いなく興味を引く。

 でも、感想を書いた作品へのリンクをはらないのは不自然で美しくないし、複数のアマゾンリンクをはるのはSEO効果を低下させる。
 そんな理由で収入よりアクセス――読まれることを優先している私は今のままで続けていくつもりでいるが、「この作品が気に入った人にはこちらもお勧め」の方法は試してみる価値があると思う。
 tanabeebanatの日記:ブログのアクセス数を10倍アップする方法 SEOだけじゃ物足りない!?を読んでちょっとレス(一人向け記事)。

 このブログはニュースサイトに酷く依存していて基礎アクセスは一日30前後なのに紹介されたときは1000を超えたことがありました。
 これが続くと物凄くブログが歪みます。

 だからというわけでもありませんが「360度の方針転換」は自前のニュースサイト以外に紹介されずに高みを目指すことがコンセプトになりつつあります。
 ロングテールのアクセスを集めてヘッドに対抗できないかとすら思っています。大手サイトと一線をかくすことで「彼らとは別の考えを持ってる。だからこそ読む価値がある」と思われることが望みです。
 まぁ、独自の実力では限界がしれていますから、周辺のサイトさんのアクセス数を引き上げ、同時にこちらのアクセス数を引き上げる算段が必要です、それが互いの利益になるように。

 読書は呼吸は完全SEO一本のブログで記事を増やす・ページランクをあげる以外の作戦はありません。

 馬鹿はシネマで直らないは特殊であまり寄与するところがありません。楽天ブログの意味不明な多いアクセスで動いています。

 ちなみにはてなリング - ハヤテのごとく!感想リング at はてなから、1月に100ほどもらっています。トラックバックの総計も同じくらいだと思います。
 そんなわけで、こちらこそリンクに感謝します。
 赤マルジャンプ2006 SUMMERの感想など書いたが、これには新人の読切作品が多い。
 読切の感想を書くときには作品のタイトルだけではなく作者名も並べておくのがお勧めだ。新人の場合は作品名がコロコロ変わるから検索は作者名で来るのである。それに対して連載作者は作品名のほうが多いが、空きニッチであるため作者名を取り上げるのが有効なのは変わらない。斬のように検索が非常にしにくいタイトルでは特に有効だ(あるいは掲載誌名+作品名でくる)。

 また新人が連載をもったときにレビュアー本人が、そのことを思い出すのに作者名の検索が役立つ。
 ガンガンパワードにまで食指を伸ばしている私としては作者名を覚えきれないのである。そんなときに検索の挙動から作者の動きを知ることができて重宝することがある。
 語彙が足らずに文章が長引くのは情けない。質を量で補うなんて屈辱だ。
 短く強く美しく。理想は「きたりてとれ」
 いまサンデー感想サイトリンク集を製作中。基本的なネタ元は週刊少年サンデーRSSChecker - 少年サンデーで、それに若干の知己サイトをくわえている。
 まったくブログという奴は素晴らしくてping送信のおかげで楽に存在を知ることができる。それに対して普通のサイトは「毎週のサンデー感想をしているサイト」という条件で探すには適当なものがない。
 ジャンプの場合は特別にジャンプ感想・批評系サイト更新チェックなんてものがあるが、サンデーにそこまでのものはない。
 だから取りうる手段は三通り。

・検索エンジンで地道に探す
 ちょっとやってみたが全然思い通りにヒットしない。ブログをよけるgoo検索の設定を使っても思わしくない。よほど上手い検索ワードをみつけないと苦しいか。

・老舗サイトのリンク集から探す
 いま一番重視している方法。かなり他力本願だが、その結びつきには期待できる。はてなアンテナもそこに含まれる。あと、ジャンプ感想サイトリンク集からサンデーもやっているところが見つからないものか。

・情報を私のブログで募る
 私以上に年季の入ったネットウォッチャーはごまんといるから有益な情報があるかもしれない。しかし、これをやって収拾がつかなくなるのを恐れる。紹介してもらった手前、私に不満があってもリンクしなければならなくなったりとか…自動収集じゃないのだから「厳選」を売りにするしかないのでそれはさけたい。


 そもそもジャンプと違って、それほどサイトがないのかもしれない。おそらく作品ごとではなく全体で探していることの問題も大きいだろう。とはいえ良い感想に出会いたい気持ちはいかんともしがたいので、いろいろ試してみることにする。
 はじめに断っておくと著作権についての言及はしない。
 純粋に漫画をスキャンして利用することのデメリットについて書く。

時間が掛かる
 画像はスキャンするだけではなく、レベル調整とサイズの変更、トリミング、シャープネスなどの作業を経なければ記事に供するクオリティに達しない。実は全然楽ではない――はず。
 これらを行う手間ひまを文章にまわしたらまったく違う記事になるだろう。両方に力をいれるのが一番凄いが。

言いたい事がみえてこない
 スキャン画像に埋もれて何を主張したいのか何を思ったのかがさっぱり分かりにくくなる。特に画像の分量が過剰な場合。
 何もいわず画像がはられるだけならば実際に読めばいいだけではないか。どんな意義があるのか疑問である。
 まぁ、漫画は読まないけど記事は楽しむような読者を想定するなら別だ。私はそういう読者になることが少ないので、その気持ちになれないだけかもしれない。


 まぁ、スキャン画像の使用には上の二つを上回れるだけのメリットがあるのも確かだろう。読者の側としてほどほどにしてほしいと私が思っただけのことだ。
 まなめはうすさんでコメントを頂いて思った、これ↓貼っておくだけで良かったんじゃ?

  \         /_ /     ヽ /   } レ,'        / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'          /
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/        /  ブ  ほ  こ
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬./  ロ  ん  れ
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !   /  グ.  と  か
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !  \  だ  う  ら
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !  <_ :.  の  が
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´ \/ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\


マンガ☆ライフさん:私は夏休みの読書感想文とか苦手でしたが今なら自由自在に書けると思います。日記も同じでしょうね。


 あ、ちなみに指摘されてたように「檄」には激励の意味はないんで。「送る言葉」みたいな意味で使ったんよ。
 曹操が「みんなで董卓倒そうぜ!」と檄を飛ばすように「みんなでブログを突き詰めようぜ」みたいな感じ。用法が間違っているかもしれないけど、まぁ、意味が通じれば結構。
 私は使っていない表現を理由もなく埋めていきたいタイプなのだ。

 最後に昨日のアクセスはこの様になってる(まなめさんの更新は15時)。
2
 ………………………………アハ
 本当に地力がないな、このブログ。自分の言ったことをまったく実践できていないとは嘆かわしい。
 紹介された記事そのものは一日前からあったのにねぇ。記事の「旬」って奴がどこにあるのか考えてしまう。

余談の余談
グーグルGoogle 既存のビジネスを破壊する 佐々木俊尚の感想を書いた。
自己ツッコミ
 何だか、誰のツッコミの声も聞こえないことに不安になって、自分で自分の記事にツッコミを入れたくなる。
 しかし、ちょっと待て。ツッコミの声が聞こえないだけでモニターの前の読者は突っ込んでるかもしれない。コメントにしないだけかもしれない――というかそれが真実だろう。
 そこに自己ツッコミが入ってしまうとツッコミできる人には興醒めにしか働かないし。「ここが面白いところですよ。突っ込んでください」と言って反応を強要することにも繋がる。
 分かる人だけに分かるから面白いのだ。だからこそ分からない権利を奪ってはいけない。

難解なパロディを避けること
 使うことではなく使わないことが駄目。「ああ、こんなネタ分かる奴いないだろうなぁ」と思っても自分に確実に面白いならビシバシ使う。
 1000人も趣味人が読んでいるのだから中には分かる人もいるかもしれない。それに分からないけど何かが眠っていると思わせることは記事に深みを持たせる。
 検索で調べられるも良し、放置しておいてあるときネタ元に触れ「あれはそういうネタだったのか?くだらねー」と思われるも良し、永遠に霧の向こう側にあるも良し。
 すべてを容易く理解できるなら同時に飽きる。
 もう持てるものは出し切った。表現と言いたいことのダムは干上がった、と思っているブロガーさん。おめでとう。
 なぜなら干上がったダムの岩盤の下に何が眠っているのか知ることができるのだから。

 ここからだ、ここからがおもしろい。全てと思っていたものが一部にすぎないことが分かる。ありとあらゆるものを投じてあがくことで、自分の中が混ぜっ返され、人生の経験がこんこんと湧き出してくる。
 自分の無限が信じられる。

 そんなこともあるんじゃないかなぁ、とブログをはじめて後少しで1年のブロガーが思ってみる。
 タッチタイピングの技能は財産と評するに値する。というか、それ以外に無駄知識くらいしか自分の財産が思いつかない…。

 私のタイピング速度は1分300打ほど、文章打ちとしては速くもないが遅くもないってところか(ハヤテのごとく! 打鍵でも参照のこと)。
 はっきりいって1分200打ていど打てればそれ以上の精進は絶対必要ではない。大抵の場合は思考の速度が追いつかないからだ――別記したメモを写すときなどは有意義だが、そのときは推敲を忘れないように。
 しかし、1分100打を切るような、というかタッチタイピングができないような状況になると相当のハンディではないかと思う。
 文章を書くことを考えるだけではなく、文章を打つことも考えなければならないからだ。この二重思考の負担がとりとめのない文章を生んでしまっていることはありそうなことだ。
 極論すればキーボードを見ながら打つのとタッチタイピングとではモールス信号で会話することと普通に喋ることくらいの差があるかもしれない。

 と、一方的に書いてみたが、タッチタイピングできない視点を失って久しいので実際どんなものなのか分からなくなっている。自転車に乗れない時期があったのに、他人が自転車に乗れないことを理解できなくなるように。
 ブロガーさん達の実情はどんなものなのかな?中にはタッチタイピングができなくても快調に更新している人もいそうだとは思う。

 ともあれタッチタイピングを習得してなくて更新に手間取っているブロガーさんには余暇があったらタッチタイピングを覚えて、記事を考える余暇を得ることをオススメします。
 今日は2週間ぶりの週刊少年ジャンプ感想。ない間は単行本の感想を投じ続けていてけれども、やっぱり週刊で更新するネタがあると芯が通る心地する。単行本感想がリアルタイムではなくて書きだめ投入していることも影響しているだろう――1日2回更新しても溜まっていくんだが…。

 さて、今回はジャンプ感想サイトリンク集の真価が問われる機会でもある。
 前回は初投入で物珍しさに覗いた人が多かっただろうからたくさんのアクセスを得られたが、今回はどんなものか承知していて利用しようと思った人だけがアクセスすることだろう。
 アクセス解析を見る限り前回の半分50アクセスくらいに落ち着きそうだ。そこからリンク集を使って飛んでいく数は10パーセントとしても5――リンク集として注目されるかどうかギリギリの数字だな。
 まぁ、現状では人気ブログランキングにあくせくするよりこっちの方が良いであろ。
 昨日は久しぶりにまともな はてブ をした。
 いつもは注目の記事に遭遇してもニュースサイト用に準備しているテキストにリンクをペースト(Firefoxのプラグイン使用)するだけなのだが、ちょっと特殊な理由による。

 はてブした記事は「天漢日乗: 「死産」を届け出たら「業務上過失致死」? 産科医をやめます」というもの。
 これは多くの人に読んでほしいと思った。もちろん私のニュースサイトでも紹介したけれど、ユニークアクセスが50ほどの零細ニュースサイトでは大した波及力はない…。
 そこで はてブ することでできるだけこの記事がホットになるように押し上げようと思いついた――といっても私がはてブした時点で70はついていたから、私がやったことにあまり意味はなかったと思われる。
 たくさんのはてブがついた記事は注目の記事や人気エントリーとして多くのアクセスを受けるし、そこから更にニュースサイトで取り上げられていくこともあるのだ。

 自分が見るためではなく他人に見てもらうためのはてブの使い方を意識したのは初めてだが、一度それを認識したからにはニュースサイトの無力を補うために適時やっていこうと思う。
 いまテンキーを乱打しなければならない用件があって、そのときには音楽を流すようにしている。乗っているときは指の方が止まってくれないくらいになって、はかどるはかどる♪

 だが、記事を書くときはそう上手くはいかない。むしろ音楽を流していると思考の焦点が定まらず、上手く記事を書けない場合が多い。
 どうもキーボードを楽器に詩を書いているアーティスト気分の部分が私の中にあるらしく、二つの音楽を同時に聴くと気持ち悪いという現象が内部で起きているような感じだ。
 クラシックやジャズはまだ良いのだが、音声のある曲だと想念がとめどなく生じてきていっそう始末が悪い。

 そんなわけで私はできるだけ静穏な環境で記事を書くのをよしとする。できればハードディスクの唸りも止めたいのだが、生きるのにうるさいからといって心音を止めることはできないものだ。
 5日間更新しないことを放置というのか怪しいが、私の尺度でのこと。あと、私のブログ運営に単純な防御という発想はあまりない――防御を意識するときは別の場所で攻勢に出るときである。
 まぁ、どんな具合だったか軽くまとめ。

 360度の方針転換は予約投稿の効力もあり、いつも通りのアクセスを維持――それはそれで気兼ねしてしまう部分もあるが。一日に二作品のレビューはいつもより激しいくらい。とはいえ週刊少年誌の感想に比べればタイトルをチェックするだけで読まれない率は高いと思われる。
 マンガがあればいーのだ。さんから思わぬリンクを頂いた効果も大きい。リンクのある記事が長く先頭に留まっているから累積のアクセスがかなり強い。ひとつの記事が36時間も先頭にない360度の方針転換にはまねできない行為だ――そもそも基礎の数が違うが。
 総じてモーマンタイってこと。

 とあるブログの舞台裏は想定どおりの劣化。このブログは水車と同じで常に流れに浸っていなければ力を生み出しえない。それだけのこと。記事を書くテンションさえ旧に復すれば、読者も同じ動向を示すだろう。
 …口で言うのは簡単だ。

 全周無警戒も落下。といっても予想よりは良かった。意外とSEO効果があったりするからなぁ。とりあえずは無人の野を行く凋落から戦線を立て直して、攻勢に出るだけの力を蓄えることだ。
 大丈夫、僕ならできる、たぶん。

 読書は呼吸――予想外に巡回してくれていた人が多かったらしく半減する。が、更新を再開するとともに簡単に立ち直る。360度の方針転換からのリンクの貼り方を変えたのも大きいか。あとラノベは人目を引くのかもしれない。
 むしろ、レベルアップへの切欠を掴んだ予感がある。

 馬鹿はシネマで直らないそれでもハンニバルは進む……読者の動向より、更新意欲の低下が問題。
 放置することになったら、その時はその時か。

 総じて深刻な問題は無し。いろいろと悪い事態を想像してゾクゾクしていた身としては拍子抜けしたくらいか。もちろん、嬉しいけどさ。
 明日から一週間弱ブログの更新ができなくなる。全体的に上げ潮だったのに惜しいことだ。
 とはいえ、ネットを離れて自分の仲の材料だけで考える時間がえられるのは悪いことではない。それにブログを放置するとどうなるか悪趣味な興味も感じている。

 360度の方針転換はライブドアブログの予約投稿機能を使うので、単純な放置にはならない。しかもその更新密度は一日に二回。
 ほこりが積もりかけていた記事たちを読者の反応に無頓着に投稿できるのは良い――この記事ダメだと思っていたものを引き出したら全然悪くなかった、など新知見もあった。
 ライトな読者が多いだろうからRSSが飛ばなくても更新さえしていれば巡回頻度がガタ落ちすることもないと予想している。とりあえず1日600人のラインが維持されていれば満足だ。

 とあるブログの舞台裏、ここは…どちらにしろニュースサイト頼りで、巡回している人は少数なので大局に影響はないはず。更新しない間はアクセスがガタ落ちしても、更新を再開すればアクセスが戻ってくるのではないか。戻ってこなかったらおなぐさみ。

 全周無警戒が頭痛のタネ。ニュースサイトは更新頻度が大事だと思うので。そもそもネットサーフできなくなるのが辛いのだが。
 ここは手ひどいダメージを受けてしまうかもしれない。旧に復するまでに二、三週は覚悟しなければならないだろう。

 読書は呼吸は8月始まって以来、皆勤で更新していたので止まってしまうのが惜しい。ただし元々SEO便りのサイトだから大勢に影響はあるまい。黙々と更新を再開するのみである。

 馬鹿はシネマで直らないそれでもハンニバルは進む。この二つは元から一週間放置がざら。悩むまでもない。
 写真ブログも内輪向けと適当なやつだから、気にすることもなかろう。

 あまり根拠はないけど大丈夫。どちらにしろ手の施しようがないのだし、1週間後にアクセス解析を見るのを楽しみにしよう。
 なかなか満足のいく記事が書けないときがある。いつも書けないともいえるが。
 対象がいまいちでどうにも創造性を刺激されないことがはっきりしている時はまだいい。深刻なのは「自分の実力はこんなものじゃないはずだ」と思ってしまう場合だ。

 ログが増えれば増えるほど、底辺の幅が広がっていくのだから、同時に傑作の高さも高くなっていく。ようするに数撃ちゃ当たる。
 ブロガー(少なくとも私)は栄光の記憶の方に強く引きずられ、目を背けたいような出来の記事のことはすっぱり忘れてしまう傾向がある。
 つまり無意識のうちに記事の最低水準をあげていく。もちろん、テクニックやコツを身に付けて良い記事を書けるように成長していくことはある。この成長が最低水準を上回り続けていれば問題はない。
 しかし、成長の限界にぶつかったり、初期に奇跡的な記事を書き上げたり――特にそれがニュースサイトに取り上げられたり、コメントで絶賛されたり――なんかした時には、自分に求める記事の水準が跳ね上がり、なかなか達成できなくなってしまうだろう。

 すると、記事が投稿できなくなり、何度も推敲して苦しむ。更新頻度がガタ落ちする。記事の書く勢いが落ちるから絶対数が低下し、けっきょく単位時間あたりに書ける満足のいく記事の数が減少する。等々の弊害が生じうる。

 対策としては、自分に枠をもうけないでその記事限りで全力を絞ることに専念する。昔の記事を読み返して身の程を知る。ニュースサイト的なあたりさわりのない記事を書いて時間を稼ぐ、などの手段がある。

 というわけだから懊悩するな、私。
 全周無警戒: ジャンプ感想サイトリンク集就役!
「お前は今までに読んだジャンプ感想サイトの数を覚えているか?」と問い返したくなるくらい読んだものよ。

 これだけの労力を払ったわりに、完全に固定のリンク集だから細かい変化にどれだけ対応できるのかが怪しいことが心配だ。むしろウィキペディアへのリンク集の部分が便利かもしれない。
 リンク集にはサイトを更新しなくても人を呼び集める威力がある。それは様々なリンク集を観察していると分かることだ。
 これを客寄せパンダにしつつ、ニュースサイトとしての知名度をあげていくのが私の計画。正面突破でニュースサイトとして登っていくよりは、360度の方針転換から適時、リンクを受けつつ足場を確保していくほうが上手くいくのではないか。
 まぁ、リンク集として見られているのか、ニュースサイトとして見られているのかは問題で、ニュースサイトとして読者を移動させられなければ長期的な成長には結びつかないだろう。
 難しい。
 記事の内容はボロボロのスランプ時でもコメントへのレスなら気の利いた言い回しが思いつくことがある。
 何でこんな現象が起こるんだろう。理由は二つ思いつく。

 1つめはそもそもの思考の起点が自分の中にないから、そこで躓かずに済むということだ。さらに偏った視点に囚われない新鮮な発想が生まれやすい。
 他の記事への反応としての記事が書きやすいのも同じ理由だと思う。

 2つめはレスなら読んでもらう人が明確なので、どういう書き方なら理解してもらえそうか想定できるということだ。
 不特定の読者を相手にしていると「この文章は通じるんだろうか?」と悩むことがあるが、レスならそれなりに相手の情報があって表現に迷うことが少ない。
 また「レスしなくちゃ」というプレッシャーも適度ならプラスに働く。


 反面、レスは記事と違って自分の得意分野だけをさらしていればよいとは限らない問題がある。
 話題選択の主導権が完全ではないものの運営者の手を離れてしまうから、地を出さざるをえず、自分に失望してしまうことも、ね。
 記事をまとまり良くしようとすると書ききれぬことがある。いちいち別記事を立てるか、お蔵入りしてしまうかは書けなかった内容次第。
 で、これは前者。

 読者数と影響力は単純に比例しないが、特にニュースサイトとテキストサイトの差は大きい。
 ニュースサイトが紹介する記事とせいぜいそれに添えるコメントでしか読者に考えを伝えることができないのに比して、テキストサイトは考えを伝えるために言葉を費やすのだから。ニュースサイトの読者数とテキストサイトの読者数を単純に比べるのはテニスの得点とサッカーの得点を比べるようなトンチンカン。

 ただ、サイト運営者に与える影響ではニュースサイトとテキストサイトでは逆転が生じかねない。
 ニュースサイトに紹介されるのは認められたということであり、多くの読者数を背景に掛けられる影響力は一人の嗜好にしてはあまりにも大きい。
 ニュースサイトに紹介されやすいから、ある傾向の記事を書く、絵を描くという現象は明らかに存在する(半面、自ら盛り立ててやろうとあえてマイナーなものを扱う現象も存在する)。
 あまりにも強力なニュースサイトの場合は、テキストサイトをネタ供給源として植民地化しうる――真実はともかく見えかたとして、そう見えることがある。

 「植民地」に真の影響力なんて存在しない。常に流れに乗る側ではなく、流れに生む側にいようと心掛けていなければ、影響力は指の隙間から逃げてしまうんじゃなかろうか。
 そんな心配ができるほどの身分じゃないのが、ちょっと幸せ。

 なんだか結局テキストサイトの影響力について語ってしまってるぞな。
 ニュースサイトの影響力についていえば、ニュースサイトに影響のあるニュースサイトという見方も重要だ。
 全周無警戒がそんなニュースサイトになる日は……永遠に来ねぇ!気が。
 だいぶ前からこんなバトンが発生している。
 大量の漫画作品名を列挙して、それを知っているか読んでいるか聞いたこともないかを答えさせる。その記事をみたブロガーは必ず同じようにしなければならない。

 その結果、このバトンで取り上げられた作品名でブログ検索すると酷いことになる。延々とこのバトンをやったブログが表示されるのだ。
 内容は0か1のみ。たいていの検索者の求める情報からは程遠い。全てをまとめ上げて統計をとれば面白いかもしれないけど、基本的にはノイズに近しい存在だ。そう、ブロガーが蛇蝎のごとく嫌うトラックバックスパムと同じように。

 もちろん、このバトンに答えているブロガーに悪意はない(見たら強制という点でバトンをはじめたブロガーには稚気のような悪意――悪戯心を感じるが)。
 しかし、結果としておこっている現象はある種、破壊的だ。

 そのブログの常連のとってはブロガーの嗜好は興味があるところでバトンには一定の意味があるし、ブロガーにとってもネタに困っていたり、足跡の残るものの場合付き合いの上で――この辺りが嫌らしい――バトンをやるだけの理由がある。
 一方でブログ検索する人間にとっては、うっとうしいだけ。そして真剣に感想や考察を書いているブロガーにとっては自分の記事が瓦礫に埋められることになる。SEOに強いベテランならまだしも出世欲のある駆け出しブロガーにとってブログ検索の意味は小さくない。
 常連さんとは別に「あるトピックス」で熱心に読んでくれる(とアクセス解析から思われる)読者がいることは士気を維持する上で相当意義のあることだから。
 しょうじき彼らの邪魔をするなと言いたい。せめて強制をやめてほしいものだ。

 まぁ、この問題に対処すべきなのはブログ検索エンジンと検索者でバトンを検索単語から除くなりなんなりするのが妥当だろうな。

(根本的な問題はブログがツールとして二面性を持ち続けていることにある。すなわち相互理解と自己表現)
 というのも、読者の性質によって効果がずいぶん変わるからだ。
 政治関係のサイトを考えてみると分かりやすい。100人の有権者が読んでいるサイトと10000人の非有権者が読んでいるサイトではどちらが影響力が大きいだろうか。

 そんなわけで、自分が求める読者を獲得することも単純なアクセスアップとは別に重要なことなのだ。
 問題はその効果を見定めることが非常に難しいことである――だからこそ「人数は少ないものの私の読者は素晴らしい人ばかりだ」と自己満足にふけりやすいのはある意味利点だが。


 また、読者の中にサイト運営者がどれだけいるかも無視できない。自分の意見が読者のサイト運営者さんに通じれば、その人のサイトで形を変えて現れ、より多くの人に見てもらえることになる。それはどんどん波及していって思わぬ影響をどこかに与えるかもしれない。
 問題はオリジナルの意見が変質していってしまうことだけれども、逆に考えれば考えが発展していって言い出した人間にも新発見をもたらすような進化をとげることだって期待できる。


 数字ではなく力量で自分のサイトを考えてみるのもたまには刺激的ではないかな。

関連:ニュースサイトの影響力
 360度の方針転換の7/31におけるアクセス数が2000を超えた。1700辺りに壁を感じていた私としては1000を突破したときよりも大きなブレイクスルーに思える。
 原因ははっきりしていて週刊少年ジャンプのリンク集、もしくは、J-LINKSからのアクセスが基盤にあったことだ。
 さらに深く追求するとJ-LINKからのアクセスはもっと前からあったのに、何故今回はこれほどアクセスが増えたのかという問題が出てくる。

 34号の感想だ。このとき私は月曜日感想サイトとしては二番目に記事をアップしたし、大量のトラックバックも放った。2000アクセスも視野にいれていたのだ。
 だが、届かなかった。でも、多くの人の目に会心の記事が触れ、360度の方針転換を印象付けたのだと思う。
 それが今週の狂乱的アクセス増加につながった。

 ここまでは良いのだが、35号の記事が……うん、34号感想に比べると見劣りする。つまり34号で私の実力を測った読者の期待には応えられなかったのではないか。
 それでも要所要所では効果的な殺し文句を吐いているつもりだが、作品の網羅率が低いこともある。失望した人もいたと思う。
 同時にあのレベルで満足してくれる人なら毎週の質を保証できるし、他の記事も楽しめるだろう。

 というわけで、ここにひとつの分岐点。常連さんは増えるか減るか。
 分かれ目が最高の記事ではなく、そこそこの記事で決定されてしまうのが面白い。そう思っておけば、プレッシャーも増やさないですむかな。来週どうなることやら。


 他のサイトをいくつか「追跡調査」しているんだけど、私と同じく、34号の感想からレベルを落としているところがある(上げているところもあるのだろうけどチェックしきれない)。
 大手サイトが大手サイトであるゆえんはおもしろい記事を書けるからではなく、一定レベル以上のの記事をコンスタントに書けるからだろうな。

 つまり文章力と発想力の底上げが大手サイトへの近道――まさしく急がばまわれ、路線だなぁ。
 表示は ブログ名 累計アクセス数 日平均

360度の方針転換 268207 平均1215
 やや手綱を引き締めてレベルの高い記事を増やして更新数を減らし気味。理想がどんどん高まっていくのが厄介。自分にプレッシャーを掛けすぎて更新がストレスにならないように要注意。ジャンプ祭りがどのような結果を招くか心配だ――外面的変化だから内面まで侵食させなければそこで止まるが。

全周無警戒 4453 平均39
 使えるリンク集を常備して売りにする戦略を実行中。手始めとしてトラックバックピープルのまとめページを建設。360度の方針転換で知名度を上げつつ、ニュースサイトに引用されるニュースサイトを意識する。でも、割ける時間が不足。

とあるブログの舞台裏 7539 平均52
 ネタ切れではないのだが、ネタを形にするエネルギーが減ってきている。読書にかなり割り裂いているのでしかたなし。月にひとつはお気に入り記事が書きたいところ。高望みはすまい。

読書は呼吸 1174 平均14
 今月の集中的な更新で何とかアクセス数が伸びてきた。ネタをプールして可能なかぎり毎日更新の維持を狙う。流行の本を読まないのがネックか。

馬鹿はシネマで直らない 2745 平均19
 かなり落ち目。映画をみるペースが落ちた上に、見ても記事にする意欲が後回しにされている。週一更新できれば上々か。良作に出会う日を待つ。

それでもハンニバルは進む
 いつ放棄されるか、という状況かも。思い出したように書くかもしれない、書かないかもしれない。そんな場所。

私のDTIブログ 520 平均4
 ここもいろいろ困った場所。手持ちのネタを排出して早いところ放置状態にしてしまいたい。

私のアメーバブログ 4666 平均10
 マイペースの維持に終始。アクセス数が伸びそうな予感はない。

私のシーサーブログその2 91 平均3
 密かに始めたブログ。頼りはシーサーのブログテーマのみ。ま、こんなもん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。