ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 遥か昔に連載が終了したマイナーな名作ZMAN(ゼットマン)の感想などを地道に進めている身としては、玉石混淆いちじるしい新作のレビューがブログ全体で多いように思う。というよりも旧作のレビューが少ないといった方がいいかもしれないが、旧作がレビューされない理由ではなく新作がレビューされる理由から考えてみる。

・目に付きやすい
 一部の有名作品を除いて本屋に置かれているのは新作がほとんどになるわけで、市場の供給状態から考えても新作はレビューされやすくなる。古本屋という経路もあるけれど、そこでも平置きみたいなことをされているのは殆どが新作なわけで状況は大きく変わることはない。
 そして連載中なら雑誌という宣伝媒体で大々的に紹介されている状態でもあるのだ。

・絶対量が少ない
 新作と呼べる作品はそれ以外のものに比して絶対的に割合が少なくなる。その少ない部分に人的資源が半分でも投入されていれば、残りの半分で大量の旧作に対するほうは手薄にみえることになる。非常に相対的な問題だ。まぁ、今から古くなっていく作品については既にいろいろと書き残されていることが多いので状況が変わってくると思われる。

・効果が大きい
 新作ということはあまり多くの人目に触れていないことにもなり、レビューが与えられる影響力は大きくなる。まだ連載中の作品なら僅かなりといえども、その運命を左右できる幻想を抱けるからやりがいを感じやすい。
 思い込みにしても糠に釘を打つより木に釘を打ったほうが楽しいものだ。そしてアフィリエイトにおいても同じようなところがある。

・○○だがわしが育てた
 オタクにとって初期から目をつけていたことはステータスで希少価値になる。そういう自慢のアリバイづくりのためにも、せめて新刊発売時点ではいけない感じなのではないか。それは悪意的にみすぎにしても「自分で見つけた」手ごたえを抱くことは楽しいからなぁ。
 人目に触れていない作品のほうがコメントが弾むこともありえる――それならマイナーな旧作でもいいじゃないかと思うのだが……。
スポンサーサイト
 あまりにもスパムがひどく、しかも管理画面での消去がやりにくい形式になっているために馬鹿はシネマで直らない - 楽天ブログ(Blog)でのコメントを受け付けない設定にしてしまった。悔しいが、かけられる時間を考えるとこの解決方法がいちばんマシなのである。
 まだ消しやすいトラックバックについては受け付ける予定なのでまったく交渉を否定しているわけではないが、内心忸怩たる思いがあり、それを経験させるスパム発信者と楽天ブログには憤りを覚える。
 とくに楽天ブログはこんなに管理人に負担をかける状態にしておいてやる気があるのかと思うよ……。
 まぁ、こちらのスカウターでみるとすでに体力が0な「パニッシャー」のことなんだけど、つくづく感想を(ポジティブに)書くのに向いていない作品だなぁと思いはじめた。

 なにか感想を書くような読み方をする場合は、先の展開を読むことが大きくになるのだけど、パニッシャーの場合は大仰な伏線らしきものは大量にでていてもそこに辿りつく路線がみえてこないから非常に処理に困る。そもそも伏線も「設定」のレベルで終わってしまいそうで、それが物語にどんな形で繋がってくるかを楽しく考えさせてくれる気がしてこない。
 そうなると今度は短期予測――来週の人物の動きを考える方向に走るわけだが、こちらは毎週お約束の寸止め地獄によって意欲のわかないこと夥しい。起承転結の承や結を読むことはできても、転を読むなんて器用な真似は未熟な私には無理。できる人がいるとしたら作者の趣味まで良く知っている限られた人になるだろう。

 こうして残る題目はその回におけるキャラクターの動きになってしまう。それも壮大な(を志している)世界観によって足を引っ張られている気がしないでもない…。


 感想を書きにくいのはまったく惜しいことだが、同時に感想を書くのに向いていないけれど面白い漫画もたくさんあって当然だと思う。感想を書きやすい作品というのもひとつのターゲットにはなるのは認めるが、そういうものばかりになってほしくはないなぁ。
 神のみぞ知るセカイ Flag.6 神以上、人間未満:360度の方針転換を書いてから――ハヤテの感想もちょっと兆しはあったが――なにかのスイッチが入ってしまったらしく怒涛の勢いでチャンピオン感想に取り掛かってしまった。合間合間に土日用のネタ記事も仕込んでいるという無茶さ。
 おかげで今は虚脱状態……書きたいことはまだまだあるのだけど指に痺れた脳が追いつかない。ついつい寄り道をしてしまうのである。思うに書く時間に余裕の無いことがかえって書くことへの情熱をかき立てたのかもしれない。今は余裕がありすぎて筆が遊んでいる。
 もっと気持ちを引き締めて、生きている時間は短い、いつでも余裕はあるようでないのだ、と自分を説得する方法を編み出したらそれが本当の神モードになるかもねー、ならないかもねー。

 ぶっちゃけ勢いまかせに書くのが楽しいのと同じくらいダラダラしているのも好きなので、スイッチを手に入れてるのは結構でも、常時暴走状態は歓迎できないなぁ。
 まぁ、使えそうな状況は最大限利用していくってことで。
 やればできる子。やらなければできない子。
 じゃあ、どうしてできないのか?自分はもっと良い・面白い記事をかけるはずだと思いながらそれが達成できない要因をあげてみる。

・時間の不足
 記事によっては旬があり、それを逃さないために掛けられる時間はどうしても限定されてしまう。まさか週刊誌の感想を書くのに8日使うわけにはいかないって問題もある。困るのは「納期」に収めるのもそれはそれでベストを尽くしている面があることだ。
 質と早さの兼ね合いを最大限に保つのがベストと言えなくもないが、やっぱり不満は残る。

・モチベーションの不足
 最高の記事が書けるのはおうおうにして最高の話題を得たときであり、そうでない時には微妙な記事になってしまうのも無理はない。しかしながら、自分が至らないように感じてしまうから不思議だ。
 モチベーションが煮え立つものにしか触れない手段もあるが、そうすると今度は制作頻度が低下して技量の方を一定レベルに維持するのが難しくなる。没をしまくればいいのかもしれないが……それはそれでモチベーションが下がるなぁ。
 やはり、できるだけ多くに触れるのも一面では「ベストを尽くしている」。

・コンディションの問題
 上ふたつにも関わることだが、いつも最良のコンディションで執筆できるわけではない。もっとも頭が回転する時間帯を常に使えるとは限らないわけで、「納期」の関係からトロトロ時間帯にあえて書きに行かなければならないこともある。

・気兼ねする
 いわいる「政治的判断」――これが筆を鈍らせ、頭の回転を腐らせる。特に一度火傷を経験しているトピックに関してはやりにくさを感じて、それが士気を低下させるわ、自省をうながすわ、で大変だ。そんなものが増えに増えてしまえば身動きが取れなくなってしまう。


 などなど、いろいろ理由は見つかるが、だからこそできるだけ条件を整えて自分に恥ずかしくない記事を書いていきたいものだ。



 前々から気になっていたのでニュースサイトのリンクが最もホットだった日からどのように変化していくかをアクセス解析を使って調べてみた。紹介された記事は詭弁の我妻由乃:360度の方針転換で、最大アクセス数を100%としてその前後の日がどれくらいの割合でアクセス数をえているかを表記する。そのため更新時間の影響を受ける。

範例:紹介してくださったサイト名(敬称略) リンクを頂いてからの経過日数とパーセンテージ

ふぇいばりっとでいず 一日目:49% 二日目:100% 三日目:19%

痕跡症候群 一日目:1% 二日目:100% 三日目:25% 四日目:6% 五日目:3%

ゴルゴ31 一日目:100% 二日目:11% 三日目:0%

たまごまごごはん 一日目:100% 二日目:37% 三日目:15% 四日目:2%

天涯の森 一日目:100% 二日目:28% 三日目:5% 四日目:3%

MOON CHRONICLE 一日目:100% 二日目:8% 三日目:3%

キャまのほんや にゅーすこ~な~ 一日目:87% 二日目:100% 三日目:13%

図3
図:100%の位置を合わせたパーセンテージの推移

 こうやってみると単純なアクセス数からは見えない特色もみえてくる。
 夕方更新されるふぇいばりっとでいずさんは二日目のアクセスが最大になっており割となだらかな山形を示す。ゴルゴ31さんやMOON CHRONICLEさんはかなりの初動型で一日目にアクセスが集中している――アクセス解析的には印象に残りやすい。
 やはりテキストサイトでもあるたまごまごごはんさんからのアクセスは特殊で長く尾を引く傾向があった。それに近い動向を示しているのが痕跡症候群さんや天涯の森さんだ。

 これらの差は更新時間や紹介リンク数によって生まれていると考えられる。ニュースサイトとしてアクセス解析に熱心なテキストサイト管理人に自らを印象付けるなら――たとえば全体の数が少ないのなら1日に集中できる0時更新を行うなど――アクセス数にそった戦略を立てると効果的かもしれない。



 5月17日に360度の方針転換~漫画感想考察ブログが200万ヒット(ユニークで)に到達した。100万ヒットしてからはほとんどアクセス数が変化せず、そのままのペースで走りきった感じだ。
 このまま走り続ければ同じように300万ヒットに辿りつけると思うのだが、そんな遠くをみるとこれまでやってきたことがやってきたことだけに眩暈がしてしまう。やはり100万はそれだけ重く、節目とみるには負担が大きい。しかし、総数が100万の台に乗りながら万単位に節目を感じるのも疲れるわけで……あまり気にしない方が賢明かもしれない。

 360度の方針転換の総記事数はこの時点で2215なので、単純計算でひとつの記事当たり900人が読んでくれたことになるかな?どうかな?それこそページビューで計算したほうが良さそうだが……。

 なにはともあれ感慨深く目出度いことだ。私のブログに関わってくれた全ての人に感謝を。
 画像キャプチャーに関する話題になると思い出すのが、ある教授の話。

 取り立てて得意分野のない若かりし日の彼(謙遜で言ってたのだと思うけど)だが、新しい分析機器がでてきたときに、それにともかく未知の素材をかけることが論文に載せられる研究内容になるのだと気付いて感銘を受けたという。
 画像キャプチャー主体で書く記事にもそれに似たところがあって、さしたる文才や考察能力がなくても、ただ新規なものにキャプチャーしてコメントを付け加えれば読者を呼び込める内容を仕立て上げることができてしまう。

 これは画期的なことなのだ!
 売りとなる才能がなくても、その手の情報発信者になれるのだから――商才を問われずマニュアルにしたがえばともかく店がもてるコンビニ店長にちょっと似ている感覚かもしれない(こっちはその後が問題になるけれど)。

 しかし、そこで足踏みされるのはちょっとつまらない。

 話をある教授に戻せば、彼はそうやって分析を続けていくうちに学会で通用する専門的な知識を身につけ、ある分野では価値ある存在になっていっただろう。
 同じように画像キャプチャー主体サイトには「立場が後から能力をつくる」形でいいから自らの存在価値をどうにかして伸ばしていってほしいと思う。それが私の切なる願い。

関連記事
くるくるばたばた: 「数字」は怖い



 谷甲州氏のSF短編にともかくあらゆる情報を取り込んでいく欲求をもつ情報生命体がでてきた。「彼」は得た情報の範囲が自分の身体の大きさになる存在で、ともかく自己肥大化を望んでいた。たいていの場合、小さいより大きいほうがよく、無知より博識のほうがよいのだから当然といえば当然だが。
 そんな情報生命体の意欲と私ががむしゃらにブログの記事を書いて自分の既知の領域を広げていこうとする意欲には似通ったところが感じられる。ともかく広く遠くまで、そして深く、という欲求は生命に根源的なもので、それが電脳世界であっても変わらないのかもしれない。

 しかし、吸収したものを何でもかんでも直ぐに加工して吐き出す行為を続けていると「こちらの私」に何も残らず空っぽのような気もしてきてしまう。この充実感と寂寥感、同時に味わうにはどちらも強烈すぎる代物になってきた。
 まぁ、いつもはその存在を忘れてブログってるんだけどねぇ。
 360度の方針転換~漫画感想考察ブログの左上のスペースは以前までは読書は呼吸で読み終わった本のアマゾン表紙画像を貼って向こうのブログの紹介に使っていたのだが、それほどの手間を払う余裕と時間がなくなったのを機に「今月のイチ押し」としてオススメ漫画のアマゾン表紙画像を貼ることにしてみた。左上はもっともホットなスペースなので積極的に活かさなければもったいないとの思いもあり。

 我がブログの今月のイチ押しが優れたところは、実際に「当たり」の作品だったら当然喜ばしいし、「外れ」の作品だった場合もこの私と趣味が異なることが判明して喜ばしいことであろう。この二段構えにより、どっちに転んでも損ではない。損するとしたら私と趣味を同じくしたいと考える変態だけに違いない。そんな変態に気を使ってやる必要はないッ!と跳ね除けられれば変態なら嬉しいかもしれない。流石にこれ以上はフォローできないが…。

 できるだけ新しい作品を積極的に開拓していくつもりなのでタイトルが認知されるくらいの効果があったらいいなぁ、と夢想している。
 3月末から4月一杯まで記事を書き溜めてはネカフェなどで放流する更新を繰り返してきた。そこでえた所感を記しておく。みんな当然のことにすぎないが。

デメリット

・ともかくリンクが貼りにくい
 オフライン環境ではリンク先を参照できないのだから当然URLを調べるのが不可能で、リンクしたいと思いついた記事があっても貼りようがなかった。一部のアドレスだけは記事のテンプレートに含めていたので更新できたが準備不足だった感は否めない。
 さらに更新後の記事へ別の記事からリンクを貼る作業もまともにできなくて本格復帰してから一挙にやる形になった。読むほうも不便だしSEO的にも不利だ。
 そもそもリンクを貼るのにCOPY URL+を使っているのでネカフェの環境では面倒で作業してられない。

・調べものがしにくい
 記事を書いていて連想したことがあっても検索でチョチョイと調べることができない。辞書を引くにしてもマニアックな言葉だとお手上げだったりする。ネットの威力を再確認する形になった。
 そして、パロディネタを書くのも難しくなっていて辛かった。原典に当たる手もあるが資料がちょうど手元になかったり載っている場所が分からなかったりで苦労が多い。あまり時間をかけると文章の勢いが落ちてしまうのも問題だった。

・コメント、トラックバックがしにくい
 コメントについてはまとめて返すことにしていたが、かなりの遅れを生じてしまった。数がたまっているとトップから誰のコメントにレスしたのか分からなくなってしまうのも困った。そしてトラックバックについてはほとんど断念せざるをえなかった。

・修正ができない
 間違いがあったと気付いてもオフライン環境では直しようがない。気付かないほうが精神的には幸せだったりする。というか気付くのも難しいのでミス率が増えたのではないか。

・タイムラグが増える
 基本的に土日に更新していたので特に週刊少年誌感想では執筆から投稿までの差が広がることになった。ジャンプ感想などは払った労力に比して今までより相当低い読者しかえられなかったはずだ。記事そのものはいつもどおりに書いていたのでかなり歯痒かった。


メリット

・推敲の時間が増える
 上のを逆に解釈すればこうなる。ほとんど書き上げると同時に更新していた感想はこれによってかなりの余裕をえることができた。まぁ、考える時間が少なければそれほどの効果はないのだが……記事を寝かせられるのはちょっとした安心感がある。

・集中して書ける
 ネットにパソコンが繋がっているとあっちにフラフラこっちにフラフラしてなかなか書き進めないことがあるけど、オフライン環境だとできることが限られているので必然的に作文に打ち込むことになる。ネットサーフィンに時間を取られなかったこともあって、ずいぶん効率的に記事を生産できたと思う――ネットを巡るのも愉しみのうちなので嬉しいだけではないが。


 今回の環境にさらされたことで自分はブログ運営とネット巡回の二択を迫られたらブログを選ぶ人間だと確認できた。つまり最悪ネットをやらなければブログはできる。
 かつて私が2年以上前に書いた記事であったとしても、たとえば検索でやってきた人が新規に読む可能性がある。そして抱く感想は「生」のものなのだが、こちらが記事を書いたときの感情はすでに過去のものだ。
 そこに摩擦が生まれる可能性がある。というより摩擦が生まれるのは当然でも過去の情熱の後始末をみるのが面倒に感じられてしまうことが珍しくない。認めたくないものだな、熱さゆえの過ちという奴は…ってわけ。

 特に時間の経過によって結果的に「死者を鞭打つ」状態になっている記事については、それが顕著だ。まさか新しくやってきた読者が更新年月をチェックして当時の状況を斟酌してくれるのを期待するわけにもいかず、厄介極まりない。
 リアルタイムで改善される可能性がある作品に対して書く文章と、すでに完結してしまって変化しようがない作品に対して書く文章はあるていど書き分けるようにしているのだが、以上の問題を考えるとけっきょく全てを後者にまとめなければいけない気がしてくる。
 しかし、ブログの楽しさがリアルタイムの感情の共有にあるとしたら、それが全て失われてしまう可能性もあるわけで――ログを定期的に消すサイトの気持ちも分かってくる気がするのだった。

 まぁ、苦言をていするなら更新年月をチェックして当時の状況を斟酌してくれるような読者が多いものだけにしておくのが賢明かもね。
 表示は ブログ名 累計アクセス数 日平均

360度の方針転換~漫画感想考察ブログ 1942680 2849
 意外なほど数字を落とさなかったと言ってよいだろう。だが、すでに我が世の春はすぎ、踏みとどまるか、うらぶれるかの選択肢しか残されていない手ごたえもする。攻めるならSSや考察を増やしていかないと駄目だろうなぁ。焦る一方ではもうこのままで良いと思っている自分もいて……ちょっと考えたい。

全周無警戒 100085 186
 4分の3以上放置してきたにも関わらず、かなりの実績を残している。リンク集の価値がそれだけ高いということか。大したことしてないけれど祝10万ヒット~~!
 本格的に動かせる状況ではないものの、ちまちまといじってやりたい。

とあるブログの舞台裏 119127 32
 FC2ブログの1月制限のおかげで余計に苦しいことになっている。このまま推移すれば総アクセス数で全周無警戒に抜かれるのも時間の問題だ。更新できずにいる間、多少思うことはあったのでつらつらと書けたらいいなぁ。

読書は呼吸 64696 270
 他サイトからの紹介もあって一気に伸びた奇特なブログ。自動更新でも何とかなるのは、それだけ検索エンジンへの依存率が高いことの証明でもある。バランスからしていい感じになってるので気長に続けてあげたい。

上弦の月を食べる日々 7415 4.8
 放置していたのに良くぞ5程度残ったものだと思う。巨大な360度の方針転換からの流れが多少はあるのだろう。とりあえず更新したい。志低いが…。

馬鹿はシネマで直らない - 楽天ブログ(Blog) 18907 25
 楽天ブログは基礎的な数字が大きいせいか、足場を残していた。ただスパムも異常に多いので煤払いを考えるだけで溜息が出る。ここでやりたいことは残っているのだけど…。

それでもハンニバルは進む
 そっとしておいた。ぼそぼそと書きたいな――っと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。