ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 中の人として「漫画レビューサイト」とひとくくりにすることに物足りなさを感じることが増えているので、ひとつの例として分類方法をあげてみる。
 とりあえず私がイメージしてみたのは縦軸の両端に「感想」と「あらすじ」を、横軸の両端に「ネタ」と「考察」をおいた平面だ。

1
図1.漫画関連サイトの4象限

 それぞれの両端は絶対調和しない要素とはいいきれないが、内容がまとまった記事を書くときにはある程度同居が避けられる傾向があると思う(つまりサイト単位ではその限りではない)。
 こうして生まれる平面は二つの軸で分断された4つの象限に大別することができる。それぞれ「ネタ・感想」面を1、「考察・感想」面を2、「考察・あらすじ」面を3、「ネタ・あらすじ」面を4としておく。
 で、この4つごとに印象を語ってみると、

1.ネタ・感想に該当するサイトは、管理人の言葉がそのまま楽しめる内容になっているそのキャラクターに依存したサイトが多い。キャラクター自体は天然だったりサイト用に作られたものだったりするのだが、ある種の一貫性と楽しさがコンテンツに与えられるために読者の中毒性が高いといえる。反面、合わないところにはとことん合わないわけで嫌われることも少なくないのではないか。
 もっともパンツ脱いでいるので負担が大きいが、その分やってる人間も楽しめる場合はとことん楽しめる。

2.考察・感想にあたるサイトは多数派の一極を形作っていて(基本的には感想よりが非常に多いものの)元気な分野だ。いわいる「語る」サイトであるといえる。感想と考察が両立してしまうのは感覚的なものが通用して、ある程度は作者の匙加減のメディア、漫画らしい現象だろう。特に読みこんでいる運営者の感想にははっとさせられるものがある。
 記事の生産性が高く、その量でも圧倒的なのが特徴。いったんペースを掴むと衰えに強い。

3.あらすじ・考察系のサイトは少ないというか目立つのが難しい。基本的に深く狭くやっていくタイプだからだ。ともかくとことん行くので勢いまかせで矛盾の多い作品には向かない問題もある――それでも細かい要素までひっぱりだして理屈付けするのもこの手のサイトのパワーではあるのだが。
 そして、一撃炸裂したときの破壊力については目覚ましいものがある。読者個人の視点からも、サイト運営からの視点からも。だが、よほどメジャーな作品についてやっているのでなければ基本的には運営者の行者的姿勢に支えられていると思われる。

2
図2.私が考える狭義の漫画レビューサイトは2~3にかけて分布する。

4.ネタ・あらすじを扱うサイトはニュースサイト界隈ではお馴染みの存在といえる。弾数がでて優れた考察並みにフック力が強い、これらが勢いに乗っているときのヒット数と他のタイプのヒット数を同列にカウントするのは釈然としないものがあるくらいだ。通常はキャプチャー画像を使うサイトが多く、あまり文章で凝ってくるタイプは1に近づいてくる印象――私がたまにやる改変ネタはモロにここかもしれないが。
 肝心のネタが運営者の着想よりも作品そのものが保有するネタ性に頼っている場合(狭義のネタバレサイトになるのか)はいささか創造性に欠けるきらいがある。

3
図3.いちばん多くの読者を集めやすい(だが競争率も高い激戦区の)界隈はこの辺?


 以上、並べてきてみたがあくまでも傾向であって、いつもはネタに走っているサイトが突如読み応えのある考察をアップすることもあるだろう(その逆も)。連載作品の一話ごとに感想を書いているようなサイトは記事の内部ですら上下をゆらゆら行き来している現象が認められる。その産物はあらすじのパンと考察やネタで味付けられた感想の具によるサンドイッチになる。
 事によっては軸線上にしっかり乗っているサイトもあるかもしれない。浮動もなくあらすじ線上にどっかり載っているサイトは著作権的に真っ黒なのでいただけないが……。

 こういう分類は実際にどこに当てはまるのか、だけではなく、運営者がどこにもって行きたいかも重要だ(1の天然さんだけはどうにもならないけどさ)。さて、あなたはどんなサイトが読みたいのだろうか、どんなサイトにしたいのだろうか。

関連記事
漫画レビューサイトリンク集
ハヤテのごとく!考察の考察その2 ハヤテのごとく!の考察にはどんな種類があるか?
[漫画関連サイトの4象限]の続きを読む
スポンサーサイト
 いろいろと頭の中では展開されている議論が出力されないままに放っておかれると新しく考えを発生させるのに邪魔になることが往々にしてある。微妙な心理的ハードルの高さから定期的な感想や単行本感想を手掛けてしまっているようだと、なおさら脳内作業領域の逼迫がボディブローのように効いてくる。余裕がなくなっても段階的縮小でやっていけるという考えも、こういう現象を目の当たりにすると確信がなくなってくる……。
 最近それをひしひしと感じて、いっぺんに出力して余地を確保しようと必死になっているところだ。
 まぁ、ものによってはそのまま遠慮なく死蔵できるのだけど、中途半端なものがたくさん溜まってしまうといけない。せめて優先順位がつけられれば楽なのだが、その作業もまた億劫で困る。

 余裕を見つけ次第やりやすそうなものから手当たり次第に始末して、力至らなかったものはさっぱりと忘れる。それがブログ運営の健康にはいちばんなのだろうな……。
 基本的に雑誌感想記事は検索エンジンからヒットすることが少ない。その原因としては雑誌名そのものはメジャーすぎる上にネット上の記事数が多すぎること、作品タイトルなどでヒットするには記事内におけるキーワード密度が低下していることなどが挙げられる。
 ただし360度の方針転換~漫画感想考察ブログの場合はいくつかの例外が生じているので並べてみる。


・新連載作品のタイトルが入っている記事
 これはトラックバックからのリンクが影響するのか非常に強くて作品がメジャーになりきれていない初期などにはかなりの強さを発揮する――いつまでも私のこの手の記事が上位にある作品はネット人気的にちょっと残念な状態にあるのかもしれない。特にジャンプ作品のものは有力だ。

・印象的な用語に言及した場合
 例えば殺鳥とかネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲とか新キャラ名とか、一般的に寿命は短いがそれなりにまとまった検索がみられる。もっと有効なのは読切を描いた新人漫画家の名前を記載しておくことだ。
 個人的にこれらの単語は記憶を強化するために意図的に言及することがあるのだけど、それだけに検索してくる人が満足できるだけの情報量があるかは疑問も残る。本当に重要な用語だったら後からまとまった記事にされるはず、と信じてはいるが。

・号数がキーワードに入っている場合
 これでのヒットがたまに目立つ。しかし、時間差的に考えて最新号のものではなく1年前や2年前の記事がヒットしている可能性が高く、意図したものを提供できていない可能性がある。たまには1年前の記事と相互リンクしてみるのも雑誌や作品への視点の変化が楽しめて面白いかもしれないな――自分の感想に一貫性がなくて泣けたりして。でもまぁ、手間。
 こういうアクセスは1年以上続けてきたことに対するボーナスみたいなものだと何となく思っている。

・ブログタイトルがキーワードに入っている場合
 私の記事をピンポイントで読みたがってくれているわけで、誇らしい。傾向としてはサンデー感想が多いようだ。ちなみに検索しなくてもカテゴリページから追っていくこともできる。

・マイナー雑誌
 感想記事が検索順位にくることが……でも、ヒットが少ないのは悲しいものがある。
 今後の方針を立てるためのひたすら自分向けの記事。ちなみに小説で長いこと取っ組みあっている(あった)作品にはスレイヤーズ覇者の戦塵アルスラーン戦記などがある。佐藤大輔作品は巻数は多くてもシリーズとしては……悪い病気である。

・既に感想し終えたもの(ほぼ一発)
北斗の拳:せめて編ごとに区切ればよかったかもしれない。こういう統一的な記事は貴重になっていくだろうから、これはこれでよいか。
るろうに剣心:なぜか書いたことにいい思い出のある記事。回顧が溢れているから?
金田一少年の事件簿:事件一つ一つの感想が数行という個人的価値観ではある意味贅沢な記事。続いている分は追わない。

・既に感想し終えたもの(さみだれ)
SLAM DUNK(スラムダンク):長丁場の末になんとか制覇……いろいろとすり減ったが達成感も大きかった。
EDEN It's an Endless World!:ちょっと20巻には届かないが、1巻ずつ最後までやり遂げた記念すべき作品。途中の巻からはじめたレビューに1巻からの感想が追い付いているので、接合部分にやや違和感があるかもしれない。
沈黙の艦隊:こうして見直すと結構まとめて感想している。
機動警察パトレイバー:楽しくて熱かったなぁ。ワイド版の感想なので余計にセグメントが大きい。
スパイラル~推理の絆~:なかなかハッスルした。最後のほうはやや苦しくなっている。アライブは停止中…。
まほらば:感想時期により記事の差が激しいもののひとつ。この作品を愛していることは伝えられたと思う。

・感想中
HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター):2-23巻までは一気にひとつの記事にされている。まぁ、気が向いたらやれるはず。
Q.E.D.証明終了:1巻で二話がまとまっている構成をいいことに適当に蚕食中。そのやりやすさが妙に筆を進める。しかし、雑誌感想ですでに言及した話に追いついたらどうするか…。
RED(レッド):激情を誘われすぎて妙に難しくなっている部分もあるが非常に面白く読み進める気満々。
烈火の炎:いけるところまでは行きたいと思う。
ハーメルンのバイオリン弾き:ヴォーカルに足踏みしたまま――嫌いじゃないけど苦手なんだよな、アイツ。
フルアヘッド!ココ:感想出だしの勢いは悪くなかったが……少年誌的には良いことに内容が薄目なところがあるのが抵抗になっているのかも。
鉄鍋のジャン:わりとしっかり進行中。だいたい2巻ずつペースだが、感想が注目する部分は偏るのが常。

・感想が停止中
GANTZ(ガンツ):何故かエースになっている。検索圧力は強いが、続ける個人的な意欲はあまりない。
のだめカンタービレ:まとめ読みがちゃんと長文感想になる作品は基本的に印象がいい。しかし、続行可能性は0に近いかな。
魔法先生ネギま!:考察的感想でいろいろ遊んだものだ。続く可能性はない。
モンキーターン:続き読みたいが難易度が高い部分があることを既に知っているのが…。
帯をギュッとね!:うえよりは取っつきやすいかも。
ARMS(アームズ):いいところで何となく止まってしまっている。気合いを入れて優先したい。
今日から俺は!!:天使な小生意気も読むべきと自分を追い詰める…。
魔法陣グルグル:なぜか最終巻の感想だけがないという――アニメ一期の締めと同じ気分。個人的にはこれである意味、完成している。
GO ANd GO(ゴーアンゴー):結構本気で続きが読みたいのだが……まず手に入ってこないことが問題だ。
紺碧の艦隊:けっこう書きやすいジャンルなので重宝した記憶あり。同時に途中で放り出しても苦にならないのも素敵なところと持ち上げておこう。
風雲児たち:名前を挙げるだけで無茶苦茶読み返したくなるから困る。しかし、この作品から知識を吸収して活かすことには失敗している印象が……。

・飛び地的感想
STEEL BALL RUN(スティール・ボール・ラン):ジョジョシリーズは一度読み直したいのだが…部分的には何度も読んでいても全体を通したのは一度きりなのだ。
BLEACH(ブリーチ):なんかある。本気で一巻ずつやろうとしたら多大な力を労することであろう。
BASTARD!!(バスタード):飛び地だが一巻から埋めていく企図はいちおうある。
テニスの王子様:かなり変な分布状態になっている。予定なし。
封神演義:周軍と殷軍が激突する会戦はマニアックな感想を描きたいと何度か思いつつ…そこまでの橋が掛からない。
MOONLIGHT MILE(ムーンライトマイル):非常に魅かれるものはあるし、手を付ければ進められそうである。問題はきっかけを得られるかどうか。
金色のガッシュ!!:非常に難しいといわざるをえない。
ギャラリーフェイク:とても教養深まる良作だが、感想を書くにはこっちの教養が足りないせいで対応が困難な構成になっている。
MASTERキートン:ほぼ上と同じ。こっちの方がやや手をつけやすいか。
焼きたて!!ジャぱん:文句なしに面白かった時期まで前進するのはあり。
WILD LIFE(ワイルドライフ):ある意味挑戦意欲をかき立てられる鬼門。
釣りバカ日誌:マンネリ地獄に立ち向かってみたい気はするが、釣り知識の裏付けなくして抵抗は自殺行為だろう。
美味しんぼ:うえに同じく。
うしおととら:これをやると口にした瞬間、死亡フラグが立ちそうなのは何故?
私の救世主様:変な状態で空中分解…。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN:内部的理由が主でうえに似る。やればできそう。
グラップラー刃牙:…気の迷い。教養としては押さえておきたい作品だが。
ベルセルク:本気で挑んだら蝕に呑まれそう――そうなっても本望に思える作品ではある。

 予想外にというかバカみたいに多かった……小学館などで長編作品の1巻だけに触れることが結構目立った時期があったからなぁ。秋田書店作品の短さに気が付く――覚悟のススメもここには並べがたい。スクエニは一部が突出して長いイメージだ。
 整理しようと思ったが戦線が広すぎてどこから手をつけたらいいのかすら判断に困る。さらに手を出したがっている方面さえあるのだから、もしも反撃されるようなものなら戦線の広げすぎによる崩壊が明らかな状態だなぁ。購読作品や注目雑誌が増えているのもかなり厄介な問題だ。
 それでもこの記事を書くことで自分の気持ちにある程度の整理がついたので、やりたい方向に進めていきたいと思う。時間がそれを許してくれるならば。
360度の方針転換~漫画感想考察ブログ 2518015 3212
 なんとタフなブログだろう…と運営している本人が呆れている。それだけの労力を掛けているのかもしれないが、あまりに日常化しているために自覚症状がない。なんだか浮沈の苦痛が裏返ってきて、横滑りで続けられるだけでも幸せな気がしてきた…。あまり志しが低くなるのもマイナスになりかねないのが難しいところだ。
 それでもともかく楽しんで続けたい。

全周無警戒 130854 164
 他に引きずられて更新頻度が低下したにしては上出来。ともかくリンク集の整理がおいつかなくて困っている……何か締切をもうけたほうがいいのかもしれない。あまりガチガチにやるとテンションが下がりかねないし難しいところではある。
 とりあえずレビューサイトリンク集はなんとか更新できそうだが。

とあるブログの舞台裏 129517 34
 更新回数わずか2回。完全に過去の遺産で勝負している状況だった。意外とコメントがついてくるのがおもしろい。既に活発な議論がされた記事にはコメントがつけやすい効果があるのだろう。
 それぞれのサブブログをテコ入れするために月ごとに力を入れる主力を変えることを考えており、今月はここで攻勢をかけられたらと思う。すでに過去のブログかもしれないが……メインが活発な限り不滅だとよいなぁ。

読書は呼吸 92903 175
 ほぼ1日に一回更新の勝負に打って出たが先月から大きく伸びることはなく、検索エンジンでのある爆発が増加分に乗る効果のほうが大きかったという……まぁ、後からじわじわ効いてくるのが売りのブログなので種まきを盛んにしたと考えればよい。
 架空戦記小説好きなんだけど、検索されること少ないよなぁ。やっぱり読者層がネットを利用しないところにあるのかもしれない。今月は先月の遺産を使いつつクールダウンする可能性が高い。

上弦の月を食べる日々 8970 8
 理由はよくわからないが日平均は低下を余儀なくされた。ちょっと写真の傾向がにかよりすぎて飽きを招いたのかもしれない。場所と時間帯の二つを意識して、少しでも新鮮さのある写真が撮れるようにしたい。

馬鹿はシネマで直らない - 楽天ブログ(Blog) 24399 30
 3件も更新――という感覚が多くを物語っている。まぁでも、このペースでいければ充分に幸せかなぁ。消えることも飛び出すこともなくいきたい。

それでもハンニバルは進む
 ちょっとネタなどを吐いた。思いついても推敲する暇が足りなくて――パターンが目立った。うむむ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。