ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 それをすることに道義的不安を覚えるのはニュースサイト運営者が確認した時とは違う記事になってしまうから。
 とはいえ、記事は著者のものであり改変は当然の権利だと思う。まぁ、いろいろな程度があるのでそれぞれ反応は違ってくるはず。

・誤字脱字の修正
 速攻でやりたくなるし、やって構うまい。大量に人が来るときに限って間違いをさらし続けてしまうのは屈辱の極み。ニュースサイトから来る人は一般的にこういうのを指摘してくれないが、だからといって何も思っていないわけではあるまい。

・表現の訂正
 勘違いされやすい文章だったり、論理に淀みがあったりするときに推敲を加えてやりたくなる。その部分が引用されていたりすると、ちょっと困る。ほとぼりが冷めてから直すのも手だが意味が薄い。

・アフィリエイトの設置
 気持ちは分かるが止めとこう。悔しかったらはじめから張っておくこと。そうすると紹介されなくなるマーフィーの法則が働くけどな。
 人気ブログランキングも意味合いは近いか。

・リンクの設置
 上とは区別。参考になる内外の記事へのリンクを設置し、よい記事をもっと読んでもらおうとする戦果拡張工作。特に内部リンクを並べることは紹介された記事だけではなく、ブログ全体のブランドを上げる有効な手段。
 ただし、SEO的に肝心な記事が落ち込むのが問題。それを避けるには常に内部リンクを張り巡らすことだがめんどう。

・記事の差し替え
 意図的にやったらどう見ても信義を逸した行為だが、連続投稿に関する混乱などの事故で生じてしまう危険がないとは言い切れないか。
 紹介された直後の閉鎖というのもあり、こちらは事情にもよる。


 などといろいろ考えてみたが、こまごまとしたことを気にして心労を重ねるくらいなら、ニュースサイトを空気と思ってやりたいようにやるほうが幸せかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/119-9e424d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。