ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先頭にフリースペース、あるいは未来の日付の記事を使ってお勧め記事を紹介しているブログをみかける。そのメリット、デメリットについて考えてみた。

 メリットはブロガーが自信をもっている記事を読んでもらいやすくなることだろう。
 先頭に立てるくらいなのだから紹介されているのは、ブロガーが力を入れ満足のいく出来だった記事であろう。そんな記事を多くの人に見てもらいたいのは当然で、そのためのアピールとしてお勧めリンクは有効な手段である。また、一番ページランクの高いトップページからリンクすることでSEO的にも露出の可能性が高まる。

 反対にデメリットとして、ブログ独特の新鮮さが若干そがれることがあげられる。
 トップページを開くと常に新しい記事が読者を待ち構えているのは従来型のウェブサイトにはないことで、その「前進感」が読者に巡回をうながすことはあるのだろう。だが先頭にお勧めリンクがあるといつも同じ構成が読者の目にうつるわけで、新鮮な記事に触れるまでにスクロール分のタイムラグが生じる。
 お勧めリンクは初見の読者さんには良いが、すでにお勧め記事を読んでいる常連さんにはちょっとした邪魔なのではないか。
 また、ブロガーにとっても常にお勧め記事の存在を念頭に置くことになってしまい、別の考えに移ったり飛躍をえることが難しくなる不安もある。

 総じてお勧めリンクを設置することはブログを従来型サイトに近づける行為だと思う。更新頻度の低いじっくり書き込むタイプのブログにはとても有効な手段だと思うが、アトラクティブさや「ごった煮」感を売りにしている360度の方針転換のようなブログにはあまり向いていないとの結論をもった。
 逆にここは更新ペースが落ち着いたら置くのも良いかもしれない。写真ブログには止めたほうがよいだろう。ニュースサイトがお勧めリンクを置いたら……それはニュースサイトやない。リンク集や!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ニュースサイトとテキストサイトが混合しているようなウチの場合はどうしたらいいですかね~

一応TOPではなく、サイドバーに置いてはいるのですが……
あれ、置いていて効果があることもあるんですよね。

初見の人が興味を持ってくれて記事を見てくれるんです。
ネギま!自記事まとめなんか、その典型です。
まず、まとめを見てからその後から、私のブログ内の色々な記事を見る人もいてくれました。

ちなみに、サイドバーにおいてある奴は、自分が自信を持っている奴では無く、ニュースサイトさんに取り上げられて、HIT数を稼げた奴を置いております。(ネギま!自記事まとめ以外)
2006/09/27(水) 01:09 | URL | カラス #bv0.wE12[ 編集]
 サイドバーはトップほど極端ではないですが、一定の効果が得られてデメリットの少ない良い方法だと思います。

 お勧め記事は自分のブログの色と必ずしも一致しない――常連さん獲得に繋がらない――心配と独りよがりの心配がありますが、ニュースサイトに紹介された記事なら後者の問題は減りますね(ニュースサイト経由で読まれていないから陽の目に当ててやりたくなったりもするのですが)。
2006/09/27(水) 02:06 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/129-bd280ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 TOPには置いてないけれど、サイドバーには置いている。それも、ニュースサイトのサイドバーに、雑文ブログのお勧めを置いてある。一応、自分の判断じゃなくて、ブクマ数3以上のリストという形で、しかも時系列順になっている。見られているかどうかは不明……少なくとも
2006/09/27(水) 00:01:20 | 明日は明日の風が吹く
……というのをとあるブログの舞台裏 ブログのトップにお勧め記事へのリンクを置くことについてを読んで思った。 お勧め記事という事は、リストアップはそのblogの著者がするという事。でも著者オススメと閲覧者が(・∀・)イイ!!と思った記事が同じとは限らないし。 ……
2006/10/05(木) 21:04:23 | 天井冴太的つれづれblog [天井の染み]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。