ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 週刊少年ジャンプの感想が遅れている。何かの理由でいったん送れるとリレーで周回遅れの走者がバトン渡しに手間取るように、記事を書いて更新するタイミングを掴むのに苦労する。日々を積み重ねるにはペースを作るのが大事だ。
 まぁ、ジャンプ感想の方は木曜日にでも更新して一日に4大少年誌の感想を集中させるという暴挙でも試してみればよい。

 週刊誌の感想はペースメーカーであると同時に他の更新の障害でもあるわけで、いろいろと悩ましいこともある――と呟きつつも読む単行本のストックに底が見えてきたので更に更新日を散らすという選択肢すら意識にあったりする。

 問題は週刊少年マガジン、魔法先生ネギま!なのだ。これが恐ろしく寡占的な感想の書き方をしていて、ネギまが休載した週にはマガジン感想のボリュームが著しく低下する。ネギまがサンデーに来てくれたら感想の手間は減るだろう。
 いっそのこと、魔人探偵脳噛ネウロと椿ナイトクラブと竜の国のユタも移籍してくれれば夢の雑誌が――感想がひとつの記事で収まりきらない。けっきょく駄目ではないか!

 合併するならサンデーとマガジン、ジャンプとチャンピオンが個人的に程よい配分かな。

 細かいケアと豊富な取材で漫画家をバックアップする編集部、じっくりコトコト煮込んだ作品を多数輩出、週刊少年サンマガ!

 読者人気のある作品を重視、熱いパトスをもった作者を集めて集めて、臨界点に到達。死黒核爆烈地獄なみに熱い雑誌、週刊少年ジャンピオン!

 いける、いけるぞ!

 だが、その反動で生まれるのは、

 作者は編集者の言いなり、全作品事実上の原作者付き。その力関係も最悪。線が死んでる創作力の墓場、週刊少年ジンデー…

 打ち切りに次ぐ打ち切り、載せる前にちょっとは見る目を養え編集部。20週生き残れば長期連載、週刊少年チャンプ…

 ……やっぱ駄目だ!

 よくある妄想をしてみたが雑誌の土壌によって良作が生まれる部分は間違いなく存在する。いろんな意味で非現実的な考えを弄んだに過ぎないのだった。
 もし、週刊少年ガンガンが誕生したら死ぬれるなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/177-602a7406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。