ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、私がそうしているのはちょっとした焦りから。まぁ、一種の万歳突撃みたいなもん(もちろん、それが可能だからでもあるわけだが)。
 軽く先にデメリットを挙げておくと、読者によってはくどく感じる事とひとつの記事が読まれる可能性が低下する事だ。少なくとも義務的に2回以上の更新を続ける必要性は感じられない。毎日更新はブロガー・読者双方の習慣について多大な(悪影響を含む)効果があるのだが。

 メリットとして思いつくのが、まずSEO的な効果。
 ひとつには見出し記事の種類が増える効果。やっぱりtitleタグで囲まれた部分は特別で、そのバリエーションは多い方がいい。それをハイペースで増やすのに一役買う。
 もうひとつには文中リンクとサイドバーリンクによる内部リンクの増加効果。基本的に微々たるものだが、効果の増加曲線はいちおう雪だるま式。ページランクを安定させるためにも内的要因の充実は必須だ。

 続いてニュースサイト最適化・ブログ検索を対象とした「数撃ちゃ当たる」作戦。記事の質が同じなら命中率を押し上げる。もちろん、更新する記事をその手の時事に集中しなければならないが。

 最後にpingとトラックバックの効果。微々たるものとはいえping送信で来てくれる方はいるわけで、ちょっとだけその確率を上げる。私の写真ブログはそういう方のアクセスが大部分。そんな中でコメントをもらえるのは余計嬉しかったりする。
 トラックバックについてはもっと単純。記事を書くほどトラックバックできる・される対象は広がる――その是非はともかく。
 交流の促進をはかるのに幅広い話題は欠かせず、それを確保するために1日に2回以上更新することになる場合は多そうだ。


 ざっと思いつくのはこのくらいか。話題の提供できる幅にもよるが個人的にはサブブログを建設する方がメリットが大きいのではと考える。サブブログを持つ場合は更新頻度が低下したときに廃墟を生んでしまう心配があるけど――それも構うまい。

 関連記事:サブブログの効用
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うー、私は3つ以上とかざらです。

雑誌感想という一つの記事を見やすくするためにあえて小分けにしてます。
でもくどいんだろうなぁ…

見る人の頻度は毎日、3日置き、1週間置き等と様々でしょうから
そのことを念頭に置いてトップページの記事表示件数を考えるのも大事かと思います。


最近くどさ解決のため、記事によって文章量を減らしてます。
絵が意図を伝える速度は文章を遙かに凌駕すると考えているので
それのみでもある程度は伝わるかな、と。
(漫画的意思伝達の技量が前提となるのですが)
2006/11/30(木) 01:05 | URL | ひばり #TTgQZPTw[ 編集]
 ひばりさんの記事は私にとって規格外ですよ。イラストでの一日複数投稿は、なかなかできるものではないです。
 紹介するときに少し困りますが、バラバラにして頂けた方がコメントはしやすいですね。
 私は一週間以内の記事がトップに収まるようにしたいと思っています。全然、できていませんけど…。

 文字は多くても大丈夫だと思います。まとめ感想とシーンへのコメントを絵で上下に分けている場合は特に――というのは活字に慣れている人間の意見なのですけどね。
 「熱さ」を伝えるには「考え」を伝える以上に文章量が要る、とこのごろ感じています。
2006/11/30(木) 20:31 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
そういえば、駄文にゅうすの管理人さんは意図的に更新ペースを遅めにしているらしいです。記事を厳選して載せたいから、過去ログがすぐに下のほうに行くのがもったいないから、とかが理由みたいです。
個人的には、この問題は優劣がつけにくいと思います。相当優れた記事を書けるのなら、むしろ更新ペースは遅いくらいのほうがいいくらいかもしれません。しかし、普通はそれほどバンバン優れた記事を書き続けられるわけではないので、速いペースでタイムリーな話題の記事を書いていくほうが読んでもらいやすいようにも思えます。
まあ、私は文章力に自信がないので後者を取りますが、この場合何がタイムリーな記事なのかを考えるのが難しく・・・長文すみませんでした。
2006/11/30(木) 21:34 | URL | ししし #-[ 編集]
 私の一日の中で読んでもらいたい記事は多くの人がきてくれる時間に、流したい記事はあまり人が来ない時間に更新する傾向があります。
 いつも在庫過剰気味なので更新を控えることまではしませんけど。

 できればタイムリーではなく、話題を提供するような記事が書ければよいのですがね。
 タイムリーを見極めるよりもさらに難しいのが困りものです。
2006/12/01(金) 08:50 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/187-cb3b943d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。