ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 週刊少年ジャンプ2号:新連載神力契約者M&Y:360度の方針転換の記事で改変を使ったために私と僕、いつもの文体と敬語が混じってしまった。これはちょっとしたアクシデントで基本的に語調は統一した方がよいのだろう。
 そもそもブロガーの一人称にはどれが向いているんだろうか。他の人の記事を読む時、いつもは気にしていないのだが、ちょっと考えてみた。私は「私」を使っている。


 私には中性的な使い方と女性的な使い方があると思う。それが出てくるのは文体の機微になる。おそらく中性的な「私」がブロガーにいちばん多いだろう。与える印象としては理知的で論理に訴える文章を書く。読者との間にちょっと壁をつくる。それだけでは没個性。
 女性的な「私」はそれよりも親しみやすく落ち着いた感じ、本当に女性が書いているならそれだけで魅力的に感じる人もいるのかな。


 自我が強く、言いたい事を言う印象。さばさばしてる。同時に言いたい放題言っているようで反感を買いやすかったりするか。


 ひかえめ。論理よりも経験や感情に訴える文章向き。こちらは俺の反対に弱すぎの印象を与えてしまうかも。

あたし
 女性限定。自我強め。ちょっとした警戒色。口語でもあるし、ネタ・経験談向き。

自分
 できるだけ自我を前面に出したくないとき、それでも一人称が必要なときに使う。

ワタシ・オレ・ボク
 カタカナにすると鋭くなる。個人的な主張であることがより強く出る。


 まぁ、あくまでも私の印象だ。他の要素でカバーできるだろう。ネタに走るなら拙者とか麿とか使ってもいいし、口語文であれば方言の一人称も利用できる。あんがいブログのキャラクターを確立するのに一人称が役立つかもしれない(けっきょくそれ「だけ」では、にっちもさっちもいかなくなるだろうが)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うんうん、大体そんな感じですねっ
ボクはボクっ娘っぽいかな・・・。我輩とか小生という人もいるです。
2006/12/15(金) 12:13 | URL | せい #-[ 編集]
 コメントありがとうございます。
 たしかにボクはちょっと特殊なニュアンスが入るかもしれませんね。
 一人称の統計をとったら面白そうです。
2006/12/15(金) 18:59 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
ブログを始める際、一人称をどうするか悩みました・・・。
結局普段は「自分」でネタ的なときは「俺」という風にしましたが。
アメリカとかは「I」だけだから楽ですよねえ。
2006/12/17(日) 01:17 | URL | 矛盾少年 #IcxEtWsQ[ 編集]
 コメントありがとうございます。
 英米の人はいろいろ言えて日本人は羨ましいと思っているかもしれませんよ。
 ブログをはじめるときはHNも良く考えないといけませんねぇ。
2006/12/17(日) 18:32 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/204-c2a40728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。