ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 たまに人気ブログランキングやアフィリエイト、トラフィックエクスチェンジなどのネット上のシステムが槍玉にあげられているのを見かけるのが、不毛。
 非合法でないかぎり、サイトの管理人がメリットデメリットを勘案してそれを行うのは正統であり、感情の入り込む余地は「それすらも要素のひとつ」として処理される程度に過ぎない――と簡単に言うが、それがとても難しくて処理を誤ると偉いことになるのだが。
 しかるにそれらを非難する側は何が言いたいのやら、醜いとかスマートではないとかの言葉をもちいて感情を露にしたところで自分が嫌う行為への風当たりを強く出来るかどうか、ってところではないか。少なくとも、それをする人間を説得する能力は皆無に近いだろう――論理ではなくて感情だもの。
 それどころか、自分が感情的に叫ぶことで自ら感情的な批判を受け容れることを宣言してないか?自分は感情で人を批判しておいて、他者からの感情的な批判を排除するようなのは、醜くスマートではないと私は思うのだが。

 ともかく自らの考えを正統とし人のやりかたに感情的な異議をとなえるようなことは、言論の多様性を失わせるだけではなく、最後には自分に跳ね返ってくると思うがどうか?

 それよりも自分が望むようなサイトが増えるように「こうしたら良いよ」「私はこんなサイトが好きだよ」と主張する方が冴えている。この方向性なら論理が使えるだけじゃなく、感情を示してもそれなりの説得力を帯びるからだ。
 今動いているものを止めるのは、とても大変。慣性もあるけど、ネット上で人を動かせる要素は言葉ひとつといって良いのだから――説得力は口よりも身体から出てくる量が多いにもかかわらず。
 だから動いているものの方向を変えてやる、動いていないものの背中を押してやる、そうして全体の動きを自分の望む方向に近づけていく方がまだ簡単じゃないかな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/207-9bc96f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。