ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ コメントは記事を豊かにしてくれる] by とあるブログの舞台裏まなめはうすさんからいただいたコメントを読んで思ったのだが、どうもこの記事で想定している読者にずれがあるみたい。私は記事で書かれている内容を詳しく知りたくて調べてくる読者を重視して記事の充実を考えたのだが、まなめさんは常連さんを重視してコメントしている。常識的に考えれば、常連さんの方が多いのだからまなめさんの認識になって当然なのだ。
 私の読者さんの扱いは数に対して正当になっているか、疑問が生じてきたので私の思っている読者の類型をまとめてみる。

・ブログ常連さん
 私のブログをほぼ毎日読みに来てくれる人たち。最重要だが、同時にどうやってアピールしたらいいのか、分からなくなっちゃう人たち。とりあえず更新を続けるしかないらしい。ニュースサイト運営者やブロガー、常連的コメント者などになってもらえると助かる。

・記事常連さん
 ジャンプ感想など特定の記事を読みにくる常連さん。こちらも多いし、割と対策も立つ。週内のアクセス数がどれだけ変動するかで概数が読めなくもない。ブログ常連さんになってもらうためには、特定記事から上手く話を広げる記事を増やすことか。

・半常連さん
 付き合いのあるサイトの常連さんで、私のブログと頻繁に接する機会がある人。サイドバーリンクとニュースリンクに起源が分かれる。まぁ、隣人と読者の争奪合戦になっても楽しくないのであえて考えずにいるのも吉。

・ニュースサイト一見さん
 ニュースサイトからのリンクではじめて飛んでくる人。目的が明確で、それ以上の記事を読まれる可能性は低い。とりあえず、ニュースサイト運営者を常連さんに取り込んで、半常連さん化を狙いたい。記事の質にうるさいかもしれないので、得意ではない相手。

・検索エンジン一見さん
 何か調べてくる人。数は決して多くないがはじめに述べたように私は結構重視している。満足してもらうことが大事。それで少しでもブログのことを覚えてもらい。じょじょに常連さんに遷移してもらいたい。

・サイドバーリンク一見さん
 相互リンク先から飛んでくる人。相互リンク先の規模・形式にもよるけど、とてつもなく多いってことはまずない。代わりに求めている傾向が似通った人が多いので半常連さん化はしやすいはず。注目はしていないけど、期待はしているってところか。


 ブログ常連さんが最重要なのは理解しつつ、その維持に汲々とするよりピラミッド型分布の安定に注目して運営しているな。ようするに裾野が広ければ頂点の数も自然と増えるだろうと、あまり強くひきとめると内輪的な空気が生じてしまい裾野の拡大に悪影響を及ぼすだろうと、考えている。
 あと、理解しやすいもの(例えば検索エンジン一見さん)ほど注目してしまうのも悪癖だ。せっかくこのブログを持っているのだから、もっと考察を深めてもいいかもしれない。


参考記事:こうやってまとめてみるとこの記事も焼きなおし感が強い…。
[ サイト環境学:読者循環論]
[ 親愛よりも信用を]
[ ニュースサイトからリピーターを獲得するには]

ブログをはじめる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/215-c7819e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。