ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 空母艦載機乗りは空母への着艦をさして「制御された墜落」と称するそうだ。それにヒント?をえて「作文は制御された発狂である」と言ってみた。内部からの何かに迫られてどうしようもなくしちゃう行為である辺りが似ているとしておこう。
 抑えられない――綺麗か醜いかといえばまず醜い――衝動があって、それが溢れ出す弁を必死でコントロールしてキーボードに叩き出す感じの作文、このブログの記事では結構ある。
 それらはたいていフリークスで、できれば人目に触れさせずに死蔵させてしまいたいような気持ちもあるのだが露出狂の喜びが優るのか、今のところほとんどアップしている(さすがにネタに暴走したあげく、思っていもいない危険発言をしていた記事はお蔵入りとした。炎上するならせめて本心を書いて炎上したいよ)。
 それらの記事は恥ずかしく思いながらも嫌いではなく、中には役に立つものもいる。むしろ非才の人間が奇跡的な跳躍をえるには発狂の瀬戸際まで制御された狂気をもって記事を書くしかあるまい。そうしてやっと極稀に天才が正気で書く記事に対抗しうるのだ――あるいは天才とは狂気の瀬戸際を正気で維持し続けられる存在かもしれん。

 こんな記事を書く私は果たして正常なのだろうか。制御しきれない狂気があふれだしてしまっている可能性がある。あるいは私は既に狂っていて記事を書くときだけ、かろうじて正気を取り戻すのか?あなたに確かめる術はない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/237-52e3c673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。