ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ひとむかし前は多用していた太字だが今では控えめにしか使わない。それが不振を感じている理由かもしれないが、理由があるのだ。
 ボールドタグで囲うことは確かに感想やネタの中の面白いエッセンスを際立たせ、その威力を高める効果を持つ。しかしながら太字に依存した文章を書くことは自己記事の笑いどころに関する価値観を読者に押し付けることにもなり、それが大きくズレているようなら興醒めを招いてしまう恐れもある。

 自由な解釈で記事を楽しむ時には太字は邪魔で、素材の味を楽しみたいときに合成調味料が舌を刺すようなものだ。いつまでも合成調味料に頼っていては料理の味付けがそこから上達しないように、太字に頼っていては文章の表現が上達しにくいのではないか。
 まぁ、太字を巧みに使いこなしていけば、そこそこの文章でも一定の成果をあげられるのも確か。そのような記事を数を揃えて投入していくことで人気をはくするのも優れた手段だし充分に難しいことだ。
 私のごときはただでさえ文章が完成されていないのにあえて自縄自縛に走る愚者なのかもしれないが、感性の普遍性にいっそう深刻な疑問があるのでこのような挙にでるのもやむ終えないのだ。

 つまり衆に訴えるセンスがないなら個人個人のセンスで解釈しても楽しめるだけの幅と深みをもつ味わい豊かな記事を――と文章化すると目標の深遠さに絶望。道は果てしない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/238-8c9572d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。