ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 自分が気にしているワードで検索して上位に出るサイトの中には(いつか抜いちゃる!)と思うサイトがある一方で、上位にあることになんの疑問も感じないものもある。むしろこれは抜いてはいけないと悟ることすら稀ではない。
 本当にSEOで勝ちたければ、その手の他者が挑戦する気になれない記事を書くことこそが冴えたやりかたなのだろう。必勝法は戦意を抱かせないことだ。
 どんなタイプがあるかというと、

・公式のページ
 感覚的にも当然だし、情報の正しさにおいて絶大な信用がある。ただし、公式のページを作れる立場の人間は少ない。いや、自分公式ページとかはやれるけどさ……。

・資料価値のあるページ
 ウィキペディアなどはこれを地で行っている。雑多な情報をまとめて見やすい形にしているページは手入れがしっかりしている限り強者であるべきだ。こういうのが被っている場合もあるが。

・独自の視点から書かれた記事
 絶対に真似できないと思わせる労力とセンスのある記事には正面衝突しようと思わない。そういうのはニュースサイトに紹介されて自然と強かったりする。

・サイトのネームバリューを背景にした記事
 まさしく権威主義。ここの記事なら勝てなくてもしょうがないなぁ、と思わせる。私はそんな考えを持たないので、相手がどんなに大物でも狂犬のように喰らいつくが……私の記事もそうやっていつかは破れ、駆逐されていくことだろう。

・よく整備されたリンク集
 明らかなお役立ちを示せれば全体の利益のために上に置かれやすい。リンクしながら大量の被リンクが求められるのが難しいところ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/258-df29318d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。