ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 読書感想文でそういうことが顕著なのだが、ひとつの作品が上下やそれ以上に分けられている場合、ひとつひとつについて感想を書くとまったく別の見方が生まれて読書を豊かにしてくれる(もとは単純に記事が不足しているのが分けて書く理由だったんだけど)。
 感想を書くことで今後の展開を深く考える間を置くことができるからだ。ただ、記事を読む側にとってはどうなのだろう。私の思考を追うことはしやすくなるかもしれない。でも、まったく同じ条件(上巻だけ読んだとか)で読者が記事に接することができる可能性はかなり低い。特に出版から時間のたっている作品が多い読書感想では。最近は上下巻同時出版も珍しくないし……このあたりから考えると、予想の当たり外れが見ているほうには明らか、あるいは情報がなすぎて判断できない予想を読まされてつまらないかもしれない。
 なんとも困ったものだ。下巻の感想だけを読んでもらえればよいってことになるやも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/275-fb00e17b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。