ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GAKI@DAMA!!!:難民コミックス・・・踊らされていませんか?を読んで。

 私は椿ナイトクラブをプッシュしているわけだが、書くからには作品の面白さとは別に記事の面白さを追求したい気持ちをもっている。そこを読み手が受け違えてしまうとおかしなことになるのではと思った。あるいは記事の面白さを作品そのものの面白さと混同してしまうのか。
 そもそも悪いところを強く指摘しながら楽しく読んでもらうのは難しいから、大手のレビューはどうしても好意的な記事になってしまうのではないかな。
 私の場合は自分の意見であることを示して「オススメ」などは言わないように気を使っているが、一筋縄ではいかない問題だと思う。作品を読んだ以上は感想を書きたいし、批判ばかりしていてもあまり楽しくないからなぁ(雑誌感想の中で一部の作品をとりあげるなら批判オンリーもできるけど単行本感想となると難しい)。内容と評価のバランスをとるために得点制評価を文字の感想とは別に準備しておくと購入を検討している人の参考になっていいかも、私は得点をつけるのがとても苦手なのでやらないが。

 まぁ、これはおもしろくない作品を紹介したサイトが信用と人気を失ってしまえば自然と正常化するはずの問題なんだけど――作品ではなく記事を評価して紹介するニュースサイト運営者や面白いといわれたものは無批判に面白いと思ってしまう自我の発達していない「幸せな読者」がいることが問題を複雑化しているのだろう。
 「自分で評価しろ」とレビュアーに突きつけられるのは気軽に作品を楽しみたい――批評的に深く読み込みたいわけではない――大多数の漫画読みにとって負担以外のなにものでもないからねぇ。私は結構平気で「自分で評価しろ」の部分をもたせているけどさ。


360度の方針転換:週刊少年チャンピオン感想一覧
:ペンギン娘の感想、あまりしてないや。

全周無警戒: チャンピオン感想サイトリンク集
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/279-cbde0656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。