ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ちまたに溢れている考察記事のうちで印象的なものはまずはじめにある概念を言語化して、その概念の定義から入っていくものである。例えば「ニュースサイト最適化」などは典型だ。この方法は事実に対して二つの段階を踏む直接的ではないアプローチ方法なのだが、そうでありながら人気なのは言葉を前面に押し出すことで「分かったような気」になれるからではないか。本当に定義が理解できなくても言葉のインパクトだけで勝負できる――Web 2.0みたいなものだ。
 だからこの方法は事実に接近する手段に見えて、実際は読者が事実から遠ざかってしまう恐れがある。

 漫画などの創作物への考察なら、このような言語先行型考察に対して物語そのものをエミュレートする中で自分の理解を表現することができる。パロディやSSと呼ばれる手段だ。感覚的な考察伝達手段として彼らはもっと評価されてもよいと思う。


ブログをはじめる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/292-96bbb457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。