ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・用不用説
 萌えやエロに関して興味を持つ人間は数多く、ネット上の最大公約数を攻めているといってよかろう。いろいろな話題をレビューサイトが試していったときに最も反応の良かった萌えやエロの話題が増えるのは心理的に当然の部分がある。この効果に大きな影響を与えるのはニュースサイトである。

・自然選択説
 萌えやエロを題材とした大手サイトであれば、意見の衝突は表層的なもので深くて難しい議論になる可能性は小さい。少なくとも扱っている題材については、深い議論になりにくい――この記事のように扱うことそのものの議論は可能だが。
 このような運営者への負担の少なさが萌えやエロのレビューサイトを長生きさせ、体力が切れて沈んでいく考察サイトよりも相対的に大手になる。さもなくば考察サイトが萌えエロサイトに化けて大手になる。
 何らかの考察をとりあつかうサイトはコメント欄や掲示板を閉じれば延命できるかもしれないが、同時に魅力も落ちる。萌えやエロならばどっちでもやっていける。

 実際、言われているほど、萌えやエロの話ばかりじゃないのかもしれないけど……その印象を持つ時点で萌えやエロに人の興味が集まりやすいことを示しているな。


追加記事
萌えやエロを扱わない漫画レビューサイトが大手になりにくい理由
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そもそも、
レビューの根本というか土台の少年誌自体に萌え指向が広がってるからかもしれません。

それに、萌え指向の人がブログ書くから話題もそうなるんだと思いますです。

バトル物は2ちゃんであーだこーだ議論してるだけで充分ですからね。
ドン!で勝ったり
大ゴマ連続だったりだと
必然的にブログの話題にしにくくなりますし。


まーでも
おれの独断と偏見なので違うかもしれません。
2007/03/07(水) 22:06 | URL | つっきー #3un.pJ2M[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/08(木) 02:59 | | #[ 編集]
単に好きなだけじゃないのw
2007/03/08(木) 08:47 | URL | #-[ 編集]
>つっきーさん
 つっきーさんの意見が的を射ていると思います。
 ただ、大手サイトが萌えやエロに反応することで作品側がその方向に走りやすくなる正のフィードバック効果が少しは働いてる気がします。
 どちらが先かといえば必ず作品が先なのですけど。

>単に好きなだけじゃないのw
 扱う方はそうなのでしょうね、それを扱っていて大手で居続けられる、なれるということへの疑問がちょっとあったのです。
 「ネット上の全ての人が単に好きなだけ」と仰りたいのなら私には反論のしようがないです。降参です。
2007/03/08(木) 13:05 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/298-490b2d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。