ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ブログを扱っていて、それが私のエネルギーを吸い取る力場だと感じることがある。私が記事という餌を積極的に与える気にならなくても、ブログは乳をほしがる赤子のように私に吸い付き、必要なものを吸い取ってすくすく育っていく。私は誇らしく、恐ろしい。ひとつはブログを自立的に感じるまでに育てたことが、残りひとつはブログが自分でも制御不能のものになってしまうことが。
 そもそも私にとってのブログとはWeb上に蓄えられているログを指す概念ではなくなっている。もちろん、それを中核とするが「ブログ」は私が外部であることを許さず、ある部分では重なり合った存在で、同様に読者やリンクもその境界をブログに侵されている。
 そうして出来た「交流の混ざり物」がブログで、その内部に含まれるものは私起源のものだけではないのに、私の中に入ってくるから不気味に感じ魅力的に感じる。

 しかし、まぁ、私がどれだけ自分のブログを恐れても、これらはナウシカ王女が地下で飼っている腐海の植物にすぎず、水やりをちょっとした意志の力で止めてしまえば立ち枯れるのみとなるだろう。
(掲示板の場合は管理人が放置しているのに隆盛を続けて一人歩きしているという奇怪な状態になる可能性があるが)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/302-09074ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。