ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ブログを続けていると記事を書くのに使う単語や言い回しが固定されてしまう場合がある。そうなると内容はともかく文章が単調で味気のないものになってしまう恐れがある。そんな事態に陥らないように、あるいはなったと感じたら、どんな対策をとればよいのだろう。自分のやってることに照らし合わせて考えてみた。
 う~、この前置きも私の文章の典型だなぁ…。


・ひたすら推敲を繰り返してみる
 安易に投下せずに何回も見直して文章を練る。単調だと感じたら工夫を加える。意識的にやることで無意識のうちにもいい文章が練れるように自己訓練する。

・類語辞書を引く
 短期的に言葉を変えたいときに思いつかなければ類語辞書を使うといい。手間はあるが確実に単語のバリエーションを増やせる。
 私が使っているのはネット上のシソーラス(類語)検索

・会話やチャットをする
 人との言葉のやり取りはいい刺激になる。相手が目の前にいると反応を見ながら言葉を選んだりもするので意識が違う。

・本を読む
 刺激となるような名文に触れることで文章が改善されることがある。一種のカンフル剤。そのような作品をいくつか座右に置いておくとよい。私の場合は荻原規子作品とかガリア戦記とかがこれに当たる。常に新しい作家に触れることもいい。

・いつもとは違う傾向の文を書く
 考察ばっかりだったら作詩してみる。短文感想ばっかりなら小説を書いてみる。などなど趣向を変えることで自分の別の面がでてくるはず。それが刺激となっていつもの文章にも変化が現れればもうけもの。

・いったん筆をおく
 冷却期間をとる。本当はまったく変わっていなくても心理的によくなったように錯覚できることもある。それでいいのだ。
 根をつめすぎるのもよくない。頭の中を整理する時間も大事だ。

・パロディに走る
 根本的な解決には至らないかもしれないが、ネタ元を知らない読み手にとっては文章の単調さが改善され、ネタ元を知っている読者は楽しませられる。あまりに依存の度を強めると記事が自己崩壊するので注意。
 他人の文章にじかに触れることが刺激になれば万々歳。


・それでも良くならないときは
 画像を貼ったりフォントを弄ればボキャブラリー不足問題の大半は回避することが可能だ。書き手は誰もが名文家になれるわけじゃないし、読み手は誰もが名文を絶対視しているわけでもない。
 自分の能力で出来ることが満足に至ればよいのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おれのイメージとしては、
一種の個性だとおもいますよ

同じこと繰り返してるほうが、
なんか個性がわかるって感じです。

ライトノベルだと、作者の言葉使いが同じのと発見するとちょっと面白かったりします。

「踵を返した」とか狐のやつでよく出たような
「―と、」とかはキノだっけな

あとなんか意味あるのかないのかよくわからない電波的なポエムだったり。
まーこれは死神小説のことですけど。
2007/04/11(水) 23:35 | URL | つっきー #3un.pJ2M[ 編集]
 確かに個性も大事かもしれません。おそらく、自分の文章をいちばん読んでいちばん飽きやすいのは自分なのです。
 そのことは意識しなくちゃいけませんね。

 それでも用法はくせがでてもいいけど、言い回しはたくさん持っておきたい性分なのです。
2007/04/12(木) 23:42 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/325-5d2ba90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。