ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 書いている本人も元ねたを忘れそうなことがあるのでメモってみる。ギャンブルフィッシュ10話「賭博の掟」感想などパロディまみれである。元がパロ漫画だけにハヤテ関連も無茶苦茶――たまにパロネタが私の意見として引用されてたり。


・書体が変えてある、引用符が付いている
 非常に分かりやすい例。私の場合は斜体になっていればほぼ確実に元ネタがある。感想に組み込むというよりは、ちょっと離して説得力や面白さを上げたい場合に使う。

・一人称や語尾が変化する
 できるだけ素材の味を活かしたいので自分の常の書き方を捻じ曲げてでも使う。最小限の改変で最大限のフィット感とおもしろさを得るのが理想だ。

・文体が変化する
 これは見分けるのが非常に難しいけれど、よく読んでいる人には違和感があるだろう。まったく無意味にパロディを使うことは珍しいので、そのつもりで読めばわかる――わざわざ探す価値はないと思うが。

・語彙が変化する
 さらに難度アップ。私が滅多に使わない語彙もパロディを使うと取り込むことができるので単調を避けるのに重宝する。しかし、文体や語彙は記事を書いているうちに傾向が変遷していくものなので、書いた時期によっては特定が難しい。

・配置が怪しい
 冒頭や末尾など締めで狙っている場合。他の行から浮いている場合。


 パロディはあまり熱心に探しても楽しくないと思う。本当にそれだけを目的にしてのめりこむなら別だけど、私の記事にはそこまでするほどの一般性があるまい。楽しく軽く読んでいて、ふと気付いて笑ってくれれば嬉しく思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/331-9b571e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。