ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ちょい暴論のとあるブログの舞台裏 ネットの上の既得権益を侵すにはへの素早い反応、明日はきっと。 - ネット界の既得権益を侵す・握ることtanabeebanatの日記 - 「おかげ様ブラザーズ復活」に見るはてなキーワードの威力で語られていた「方法5.利権がないところに利権を生み出しそこを握る」は考えないでもなかったし、すでにログのどこかで書いているはずだが、記事タイトルからして既にあるものを奪うことを主眼においており、方法5は主旨にあわないと思ったのだ。


 ちなみに、利権がないところに利権を生み出すのは優れた方法だが、それまで存在していなかったものに頼らなければならないため、足場が急に失われる危険は常にある。漫画で言えば主力のひとつと思い定めていた作品(私の場合かるたなど)が打ち切られたり、雑誌そのものが廃刊になってしまうこともある。それ以上に作品人気が急激に衰退することは普通にありえる。

 その点、今まで長期間存在していた利権はより「原理的」なものであることが多く、守りがいも奪いがいもあるのだ。まぁ、要するに少量の投機か、大量の投資か、それが問題だ。そして投機から投資に乗り出すルートは珍しいものではない。
 最初の選択として5、ついで2辺りが正解なのかもしれない。挙げられている方法は互いに矛盾することの方が少ないのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/361-41a0d167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。