ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 全周無警戒のアクセス数が安定してきた。狙っていた300の10分の1ほどで……。

 まぁ、こんなものかと思う。他の記事を書くのに集中してアンテナや巡回先や普通のニュースから拾ってくることが多いし、ハヤテのごとく!に特化しているといっても記事自体がそう多くないから毎日紹介できる量には限界がある。

 ekken♂:個人ニュースサイト新規参入者は、既存のサイトとの差別化を



 後発のニュースサイトで差別化は可能か? ひとりごと

で言われているように文章量を費やすつもりもない――気の効いた一言をいいたいとは思っているのだが。タグ付けは魅力的な考えだけどseesaaで始めてしまったからなぁ……。

 そんなわけで、かなりショボいニュースサイトにとどまっているのだが全周無警戒に意義を見出すとすれば、あのサイトのおかげで面白い記事に出会うことができ、自分が何に興味を持っているか分かることだろう。

 おもしろい記事をみたからニュースサイトで紹介するのではなくてニュースサイトのおかげでおもしろい記事に遭遇できるというのが私の実感するところなのだ。
 ネットは無限遠方まで開放的な世界だが、生活の中でそのあまりの広さとまともに組み合おうとすれば疲れてしまう。
 だから個人にとってのネットはいつのまにか閉じた世界のように認識されがちなのだが、ニュースサイトをやることはその扉を開く鍵になるのではないかなぁ。
 少なくとも積極的にいろんなものを取り込もうという気概が生まれるし、世情に敏感になれる。

 そして過去ログをみることで自分が何に興味があるのか、やっと分かってくる。私はもっと漫画やイラスト重視のサイトになると思っていたのだが、気が付けばブログのことや時事なんかを頻繁にとりあげていた。
 好きなことと関心のあることは完全に一致しないらしいのと自分の意見でよしとして人の意見まで興味を持てない分野があるせいだろうか。

 私の属性がどこまでいっても読み手より書き手であることに根本的な問題があるのではないかと思うが、いろいろと利得があり手間もかからないようにしているので、全周無警戒はまだまだ続けようと思う――縦方向に成長できないなら横方向に成長させるしかないし。
 あのサイトに独自性があるとすれば、私が運営してること、それだけだろうなぁ。私にとってはそれで充分なのだけれども。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/37-c5af1608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 私の「後発のニュースサイトで差別化は可能か?」への言及記事。えっけんさんのエントリーのおまけで見て貰えたかな~という感じ。このエントリーで頷いたのはここ。  おもしろい記事をみたからニュースサイトで紹介するのではなくてニュースサイトのおかげでおもしろ
2006/05/05(金) 21:49:21 | 明日は明日の風が吹く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。