ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私の記事が1ページ目、秋田書店公式やウィキペディアなどの下に来るのだがこれは何の冗談だ?いくらなんでも、個人の感想サイトより上にくるべきサイトがあるだろう……そう思ったけれど雑誌ごとにサイトを用意出来ていない秋田書店の落ち度もかなりのものと見受けられる。

 せめて各雑誌ごとに機能的なトップページと独自ドメインを用意してやって、各作品の紹介ページを置くべきだ。作者公式ページへのリンクも整理すべし。
 いちご編集ブログみたいなものも編集部の数だけ欲しい。編集者が持ち回りで他愛もない事を書き止めてくれるだけでもいいから。ボツ原稿を問題にならない範囲でUPするなど考えて書く負担を減らせる更新方法はあるはず。それらと公式ページを密接に連携させてSEO的も優位を確保。RSS配信して個別記事にリンクを張れるようにしてほしい。
 もしもできることならトラックバックを受信するポイントを作れれば、感想を書くブロガーが増えるかもしれない。雑誌感想とは雑誌そのものが好きなだけではなく、書くこと自体に魅力を示すことでも増やせるのだ。だからジャンプはネット上で異常に強いのだ。

 などなど考えは広がっていったけれど、DSと充電器狙いのアンケートハガキに書き加えて送れば良かったな。こんど魅力的な景品――電子レンジとか食器洗い機とか――がでたときに書いてみよう。


 新刊情報や最新刊の表紙画像など少ないながら確実に興味をひくデータを載せてくれる点では秋田書店公式も悪いウェブサイトではないのだが。

秋田書店公式サイト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/384-aa5f67bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。