ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 それ単体で利用者を呼び込めるようなリンク集はいろいろな理由で素晴らしいものである。私の作ったハヤテのごとく!感想ブログ リンク集チャンピオン感想サイトリンク集は割とうまくいっている例だと考えているが、それらの経験からどのような条件を満たしたリンク集が有用で利用者を得られるか、まとめてみた。これは、はてなアンテナのようなものにもある程度あてはまると思う。

・テーマがしっかりしている
 雑多な種類のサイトが同居せずに整然としており、リンク先の全てが利用者の関心を引けるようになっている。リンク集製作者の趣味が利用者と完全に一致するなら雑多なままでもよいのだが、そんな例はあまり多くないので、並べ替えたりページを分けたりして整理するのがベターだろう。

・複数の派閥を横断する
 派閥という言い方は生々しすぎるかもしれないが、同じ分野のサイトでも付き合いには範囲があって、それらのリンク集は小さく閉じていることがある。その殻を破って付き合いがないけれども、どちらも優れた同じテーマを扱ったサイトたちを載せられるとリンクの有用性は高まる。

・評価基準がしっかりしている
 それが一定で公正であると利用者によくわかる。例えば大手だからとか仲のよいサイトだからなどの理由でひいきが行われている気配がしてはいけない(もちろん、大手サイトリンク集や仲良しサイトリンク集を編集する場合はそれが評価基準になるが)。別にそれらのサイトを意図的に弾けと言うのではなくて、リンク集に適合するサイトかよく考えることだ。

・細かな手入れがなされている
 移転や閉鎖、更新中止などにマメに対応することでリンク集の価値を維持する。また、新しく優れたサイトが現れた場合にはすかさずに追加する柔軟性がある。

・ことあるごとに紹介している
 知られていないリンク集は有用にはなりようがない。その知名度をあげるためにある程度の宣伝を定期的に行ったほうがいいだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/402-8ad5a905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。