ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ブログの読者が増えるほど、コメント欄を開いておく困難は増すだろう。運営者の性格にもよるが、いろいろな意見をもっている人間のいるネットで発言して摩擦が0というわけにはいかない。問題はそれとどこまで折り合いをつけていけるかだ。

 まず最初の心理的な負担になりそうなのは攻撃的な批判だ。イレギュラー的に読者の絶対量が少ない時でも、それは起こりうる。むしろあまり大手のブログになってしまうと正面からの攻撃は行われにくくなるかもしれない。
 まぁ、これは勲章と思って受けとっておくのが精神衛生によい。
「何も悪いコトはしていないのに、悪口を言われるようになったら君はもう、大物だ!」by山口貴由先生

 次にレスの負担がくる。何よりも更新を優先させたい場合はコメントにレスをするのがブログ運営全体の負担になってくる可能性がある。別にレスをする義務があるわけじゃないのだが、慣例上それを続けてきて読者の増加にともなって対応できなくなるパターンは存在するだろう。

 レスをするのを控える事にしたとしても、完全に放置してよいわけではない。掲示板と同じく管理責任はあるので一通り目を通しておく必要がある。これすら負担になる状況は極珍しいだろうが。


 そして問題があってコメント欄を閉鎖したからといって、問題が生じる根本原因を解消したことにはならないことに注意が必要だ。場合によってはコメント欄を解放して意見を戦わせた方が勘違いが生じる危険性を減少させて、建設的にブログ運営を続けていけるかもしれない。
 受動的な弁明の機会も与えられず遠巻きに敵意が醸成されていく方が、正面から否定されるよりよっぽど恐ろしいようにも思われる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「読書とジャンプ」のかずはです。

>別にレスをする義務があるわけじゃないのだが、慣例上それを続けてきて読者の増加にともなって対応できなくなるパターンは存在するだろう。
あ、これ、まんま自分のことじゃん!( ̄□ ̄;)!!とビックリです。
コメントレス、一度ためてしまうと、なかなか追いつきません。で、いざレスしようとすると、悪気がないだけに余計タチが悪いコメントをされて凹んだりと、なかなかままならなかったり。
レスが亀のように遅くても果敢にコメントしてくださるのはありがたい限りなんですけどね。

ところで、コメントと言えば、私の書いた感想に対するコメントというより、コメント主自身の感想をかなり長文で投下されていく常連さんが若干名いらっしゃるんですが、うちにコメントするより自分でブログ立ち上げればいいのに~といつも思います。
あの心理はいまいち分からない。自分のブログ作ってTBじゃダメなのかなあ。
2007/06/28(木) 23:20 | URL | かずは #-[ 編集]
 どうもコメントありがとうございます。

 レスが多すぎて困るのは贅沢な悩みではあります。コメントがないと寂しくて困り、コメントがあると忙しくて困るわけですから……。
 どちらも困りものなら贅沢な方の悩みを抱えたいものです。コメントもらえるのはありがたいことですね。

>コメント主自身の感想
 確かにそういうコメントもありますね。それはそれで向こうから共著者になってくれるようなものなので助かる気もしますが、私もレスには苦労してます。レスのふりして自分の感想を書いてじつは会話として成り立っていないことも……。
 ブログを作らずにコメントするのは、ブロガーには分からない独特の楽しみがあるのかもしれませんね。
2007/06/29(金) 12:29 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
こんばんは。私はコメントレスしなくなるかもと一度書いたのでかなり気が楽です(笑)。
かずは様がおっしゃったように、ご自身の感想や意見を書く方はご自身のサイトを持った方が自由に書けるからいいように思ってしまうのですがどうもそうとばかりも言えないみたいです。
実利的な話をすると、記事にはなくてコメントにある単語が検索エンジンに拾われていることもあるし(今月のまとめ記事のネタにします)、コメント目当てで読んでいる方もいらっしゃるようなのでおいしいといえばおいしいんです。しかし、書いて下さった方の物ではなく私の書いたコンテンツの一部として読む人が認識することもありそうなので申し訳ない感じがしますね。私の日記では得る物があまりにも大きいので些細な問題があっても当分閉鎖できそうにありません。
2007/06/29(金) 23:00 | URL | tanabeebanat #-[ 編集]
 こんばんは。
 私は今のところ基本的に全てにレスを返しているはずですが、けっこう短くレスを切り上げてしまうことはありますね。そのあたりでプレッシャーが掛かりすぎないように調節しているようです。

 コメント欄での利益はおっしゃる通りですが、同時にけっこう地雷を踏みそうになる事や踏み絵に近い状況になることも多い気がします。
 こちらのレスもコンテンツの一部として衆目にさらされることを意識しながら、上手く受け答えしなければならないわけで、いろいろな配慮を考えると疲れる場合も珍しくないです。
 メリットもデメリットもあるのは当然ですし、それでも基本的にメリットの方が大きいから開放し続けるものなんですよねぇ、コメント欄って。
2007/06/29(金) 23:53 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
こんにちわ!

コメントって良いのか悪いのか難しくなってきました(笑)
かずはさんの仰るとおりでTBでOKなのかもしれませんね。

少しコメに躊躇が産まれています(このコメも・・・)
2007/07/28(土) 14:18 | URL | kyouso #E6kBkVdo[ 編集]
 個人的にはkyosoさんのコメントがないと落ち着かない気分にさせられる事があります。
 やりとりの長さも影響する要素になってくるかと。やはりコメントの行き来が多いとレスがしかたに慣れてくるものですよ。
2007/07/29(日) 00:51 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/406-c19d02f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
どんなに炎上に近くなり、コメントが大量についても、消す事だけはないようにしたいと思う。炎上するということは少なくとも何らかの理由があるから。その理由をそこから得ることができて、改善していけたらそれでいいじゃない。そう思う。
2007/06/30(土) 12:48:05 | 愚者のニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。