ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カシャフ川の戦い:偽書海王軍記:360度の方針転換という恐ろしく趣味に走りまくったSSを発表した。需要があるのか激しく疑いが禁じえないが、書きたいという需要はあったのだ。少し前半が冗長になって引き込みが悪いと反省。キャラクター描写については最低限を下回るかもしれない。いちおうマルシュがコペと仲が悪いことは活かせたと思うのだが、三国戦役が原因で仲が悪くなっていたのだとしたらどうしよう……。
 あと、地図でみるカシャフ川の位置が海王国の東によりまくっていて、あそこでトーマ・サクスリーが国境線をまもったという記述を矛盾なく解釈するのに苦労した。ヴァジェトは話が複雑になりすぎるから無視したし。
 白亜紀独特の植生や恐竜を利用し切れなかったところも今後の課題だ。

 というわけで、続編としてマルタによる殺戮三昧の話を途中まで書いている。その次はワイト・パイ・ロンの話が書きたいのだが難しい……とりあえず目前のSSから書き上げようか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/410-823cfe3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。