ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 黒マリアが止まらない。ネット上では前から言われていた事であるのだが――私も当時者のひとりだが――ここにきて公式ガイドの読切マリアとロシアンルーレットをオートマグで提案するマリアなどで、原作でも本当の黒化がはじまってしまったと感じる。

 ブログでマリアを黒く書いてしまうのは半ば脊髄反射的なものになっており、時には「黒」を前提にして思考を進めてしまう事さえある。ネタにできるキャラクターとして興味がマイナス方向に集中してしまい、熱暴走的に黒マリアの考えがネット全体に広まっているのではないかと思う。
 しかし、それが原作者にまで感染するのは問題だ。そもそもマリアを黒くいって面白くなるのは前提に「マリアは白い」事があるからこそだ。事実に反する事をいうから「好きな女の子への意地悪」状態がなりたつのである。
 それがゲッペルスインバージョンしてしまったら、事実を指摘するだけになり面白くも何ともない。ただ後味が悪いだけである。
 そうして黒化されたマリアは「ただ単に性格が悪いだけのM以外には魅力のない人」になってしまう。それではあまりにも悲しすぎるし、誰の利益にもならないと思う。

 どうやら私はマリアを黒く言うために彼女が白い事を証明しなければならないようだ。

 だが、そのための選択肢はあまり多くはない。いきなり態度を豹変させて白さを強調しても怪しいだけで説得力に欠ける。まずは大人しくあまりひねくれ過ぎない素直な感想を心掛けながら、可能なら白くて魅力的なマリアのSSを書いていくのが正攻法であろう。
 こういう時こそ、周囲の評価にまどわされずに自分の思った道をいく人の文章が力をもってくれると助かるのだが、まったく相互作用のないところに力が生まれるのは難しく、相互作用があるのに影響を受けないのも難しい。

人物分析 マリア:360度の方針転換
ハイルマリア:360度の方針転換
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/420-b49c789d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。