ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どんなにニュースサイト最適化を施された記事を書き上げたとしても、それを見てもらうことができなければ元の木阿弥。ニュースサイト最適化の目的を達成できない。では、ニュースサイト運営者の視線を自分の記事に集めるにはどうすれば良いのだろう?(やや裏技的な話になるが、良い記事が書けていなければ実行しても価値がないのはサーチエンジン最適化と同じかそれ以上)

 この記事を読む前に以下の記事を読まれることを推奨。
絶対成功するニュースサイト最適化 導入編
ニュースサイト最適化された記事の条件


ニュースサイト運営者のブログや掲示板にコメントする
 安直でリスクもある手段だが、直接的な付き合いが生じるなら記事を見てもらえる機会ができる。そのときにニュースサイト最適化された記事が目にとまれば、後はお任せ――というかいつも「後はお任せ」だ。
 あからさまな宣伝などは控えるべきだが、そもそも自分の記事をとりあげてほしいと思う相手なら共通する話題くらい幾らでもあるはず。ニュースサイト運営者に限らず付き合いの幅を広げておくことはニュースサイト最適化にとって重要だ。でも、付き合いが忙しすぎて記事を書くのに負担となる場合もある。そこまでいくとブログより掲示板が良いということになってしまう。

ニュースサイトから注目されている記事にトラックバックを打つ
 取り上げてもらいたい記事は注目されている事柄に関することに限定されるが、その記事を引き合いに良い記事が書けるなら言及リンクとトラックバックをすることは何ら悪いことではない(と思うんだが昨今の風潮はトラックバックにひどく逆風)。分野によってトラックバックの頻度や評価が異なるため、効果の程度には差がある。もちろん本気の議論を戦わせる覚悟はいる。ここの突破口はこれ。

逆リンク機能
 はてなブログとかCGIとかの機能。そもそもアクセスがないから紹介されたいのにリンクでのアクセス数が要る場合は矛盾があるかも。

ブログの足跡機能
 私が把握している限りFC2ブログと楽天ブログとDTIブログには自分のブログに来訪した同じサービスの利用者がわかる機能がある。新しいニュースサイトにはFC2ブログで運営されているものも多いため自動的に生じるリンクとして価値がある(アクセス数が多すぎるニュースサイトの運営者は全てチェックしていないと思うが、今のところ私は全部チェックしてる)。今からはじめるならFC2ブログがその点でもお勧めできる。

サーチエンジン最適化対策
 ニュースサイト運営者がサーチエンジンを使ったときに上位に表示されれば、当然みてもらえる可能性は高い。どちらにしろSEOはやっておいて損がない。

ニュースサイトに紹介してもらう
 はっきり言ってこれが最強。そもそも――なのはもちろんだが、ニュースサイトにもニュースサイト最適化されたものがあって、そのサイトを見て新しくリンクを張るニュースサイトは多い。つまりは連鎖反応だ。
 単純なアクセス数だけに注目せずリンクがどのように波及していくか、アクセス解析を参考によく観察すること。このとき、記事のタイトルともらえるコメントが非常に重要になる。タイトルは長めでも内容を良く示すものが好ましいようだ。
 このブログが今のところ起爆点としてお世話なっているのはまなめはうす(まなめさん)明日は明日の風が吹く(yas-toroさん)だ。まなめさんは前々回の記事につけてくれたコメントを見ても積極的に条件1aを満たしたニュースを選択している様子。yas-toroさんも同様だが引用と長文の感想がつく分だけ「こちら」を見てからではなく「むこう」で選別されてしまう確率が高くシビアだ。
 更新のタイミングが被るサイトを元ネタにしているニュースサイトはリンクの波及に一日がかりとなり、三回も出世する頃には記事を書いた当人は別のことに取り掛かっている。前の記事が今注目されているのかと思うと人格分裂症気味になる。

 次回はニュースサイト運営者に巡回してもらうことを考える。二匹目の泥鰌、三匹目の泥鰌。


記事を読んでもらうためのSEO本(タイトルが異様に長い):SEOで検索エンジンもユーザーも味方に付けるホームページ改造術
でも、最後に役に立つのはこれか:新訂 孫子


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/43-a276a486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 ここに挙げられているパターンはどうなのか考えてみる。以下箇条書きで。 ニュースサイト運営者のブログや掲示板にコメントする ネタ投稿掲示板がある所といえば、「ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS」さんや「everything is gone」さんが浮かぶ。投稿すれば、そのニュースサイトの
2006/05/13(土) 22:02:38 | 明日は明日の風が吹く
とあるブログの舞台裏 ニュースサイト運営者に記事を見てもらうためには 明日は明日の風が吹く - ニュースサイト運営者に記事を見てもらうためには(from とあるブログの舞台裏)
2006/05/13(土) 23:54:18 | ekken♂
「とあるブログの舞台裏 ニュースサイト運営者に記事を見てもらうためには(from 明日は明日の風が吹く)」を読んで。 最初に結論から書くと、私自身はブログにせよニュースサイトにせよ最適化も見てもらうという意味では大事だとおもうけれども、本質的には記事の質を上げ
2006/05/14(日) 14:15:21 | 北の大地から送る物欲日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。