ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 当然の事だけど自分の言葉がいちばん理解できるのは自分だろう。逆にいうとできるだけ読者が日々使う言語に近いものを使った方が、考えの伝達はうまく行くという事だ。どんなに「高尚で」優れているように見えるサイトでも、「ポピュラー」なところに読者数で勝てなかったりする原因のひとつはこの言葉の問題にあると思われる。
 ただ、普通の言葉でよく伝わる内容はだからこそ瞠目に値する「何か」をもっている必要性に迫られ勝ちだ。これはこれで難しいどころか、最大公約数的な文章も考えるより産むが難しい類のものなので二重に難しい。

 だから内容だけでなく文体の力によってオリジナリティを出そうとする戦略も間違ってはいないと思う。問題はやはりあまりにも多数者に受け容れがたい要素に満ちていると読んでもらえない事で、構文なり単語選びなり親しみやすい部分は残しておかないと印象はあっても再読はされない文章になってしまうだろうな。


 反対に誰もが読みたくなるような魅力的な内容で書かれた文章が、意味を通じさせる事は読者の中で「分かりやすい文章の形」を変えていく可能性がある。そうやって言語は変化しながら均質性を保とうとしているのではないか。
 まぁ、情報の氾濫した社会で、そんな大それた真似は手に余る。せめて多数派向きの文章と印象的な言葉選び、含蓄に富んだ内容をそれぞれ少しでも伸ばせていけたら幸いだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/432-88b3727c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。