ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この前読んだ本と新聞~再販制度を考えるという本で消費者と読者を区別して考えていたのが気になった。本などの価格を一定にする再販制度がなくなると本は公共性を失い、マイノリティの代弁者として機能できなくなり「消費者」のものにされてしまうとか。
 まぁ、再販制度の是非はおいといて、読者を文章を読み解く個人、消費者を一時的な快楽のために文章を消費する集団と受けとると近いかもしれない。ふたつはまったく異なるスタンスであり良い悪いで片付けられるものではない――そもそも同じ人間の別の反応にすぎない――が、発表メディアの属性や運営者の態度によって見る人にどちらが多いかはある程度わけられると思う。
 しかも個人サイトは再販制度に保障されているからではなく、ボランティア精神によっているという理由で「読者」をテレビなどより得られる可能性をもっていると思う。今回は特にブログにおける読者と消費者の要素について考えてみた。

・読者を得やすい要素
 コメント欄やトラックバック欄を開放しているブログは読者の意見を受け容れる姿勢を打ち出している。双方向性をもつことは見る人から個人を浮かび上がらせる傾向がある。
 多くは権威やネームバリューによらない個人が運営していることも、その意見の絶対性の低さから逆に見るものに考えさせる要素をもっている。通常「正しい文章」を読む場合は、真意を伺う事はできても意味の枠を超えて反対意見をもつことはできない。

・消費者を得やすい要素
 ブログは更新が非常に手軽であり、軽い感覚であげられた記事はそもそも見た者を深く考えさせるだけの意見が含まれていない場合がある。記事が軽くて早くて多いことは――ちょうどファストフードが賞味ではなく消化されるように――消費の反応を招きやすい。
 また記事の内容は細かく分断されており、それぞれ一つ読んだだけでは運営者の「思想体系」みたいなものに触れる事は難しい。記事を「消費」するのか、ブログを「読む」のか、ふたつのスタイルの差でもある――ニュースサイトの存在は多くの場合、前者を促進する。有能な編集者としての技量を発揮してリンク集で考えの体系を形づくる場合は異なるが。


 運営者の側からみれば読者を得たいのに消費される、消費されたいのに読まれる、どちらも困った問題だ。後者も精神安定上あまりよろしくない。
 とはいえ、そもそもブログが見られない事に比べれば贅沢な悩みだ。
 個人的には読まれない読者向きブログを運営するより、消費される消費者向きブログを運営したいと考えている。いちおう最終的に目指すところは読まれる読者向きブログだが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/436-daf05b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 私としては、ここ(明日は~)では消費者を、「ひとりごと」では読者を求めている。  それぞれ違ったコンテンツを持ち、内容の意味合いも、その内容の賞味期限も、それぞれ違う物として自分では考えている。  ここは日々大量に更新しながら、同時に大量に消費される場
2007/07/31(火) 22:33:38 | 明日は明日の風が吹く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。