ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 そんなことをおもんばかってレビューを書くのは窮屈だけど、あまりに敵視されてしまうとしたら悲しいので、ちょっと考えてみた。私は自分だったらしてほしくないことばかりしているかもしれない……。

してほしいレビュー
・的確によいところを指摘して褒めてくれる。それどころか作者本人も知らなかった良さを見つけてくれる。
・過不足なく感じたことをストレートに書いている事がわかって、なおかつ強烈にマイナスなものがない。
・ストーリーを整理して再認識してくれている。

してほしくないレビュー
・重箱のスミをつつくように細かい事にこだわっている。しかもそれが大局の認識にまで悪影響を与えている。
・含むような気持ち悪さを感じさせる、すっきりしない部分の残る感想――言いたい事が上手く言えていないのではなく、あえて悪意をもって言っていない感じ。
・この作品はこうあるべき、と押し付けがましい。

 一言でいうと「分かってくれている」と感じられるレビューは嬉しく、「分かっていないか、曲解している」と感じられるレビューは嬉しくなさそうだ。
 作者本人がレビューを読む可能性はおそらくそこまで高くないとはいえ、作者にシンパシーを感じてレビューを読むような人は一定数いるだろうから、こういう視点で気持ちのよい記事を書けるように意識できるようにしたいものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とはいえ、そんな配慮など不要なほどの駄作があることもまだ事実
2007/08/15(水) 13:21 | URL | #-[ 編集]
ここでいうレビューが、「批評」の事ではなく「感想」であるならば納得。
2007/08/15(水) 16:50 | URL | #-[ 編集]
まさにヨイコノミライ
2007/08/15(水) 19:30 | URL | #SVFVNknc[ 編集]
 駄作でもベテラン以上の売れっ子が描く作品と新人が描く作品では言いたい事が異なってくる場合もありますね。
 その枠すら超えて圧倒的な駄作も世の中にはあるようですが……。


 レビュー、批評、感想をそれぞれ定義していると厄介そうですけど、ここでは基本的に感想主体の記事を意識しています、自分がそういう記事を書くので。
 批評の場合は積極的・直接的な理由でされたいと考える作者は少なそうですね。
2007/08/15(水) 19:32 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
そもそもレビューは作者のためにするのではなくて他の読者のためにするもののはず
作者第一主義的なその姿勢は収入や地位が平均的に上の作者に上の作者に肩入れするばかりでなく
それこそ押しつけがましい
2007/08/18(土) 19:05 | URL | 哀 #-[ 編集]
 個人的にネットのレビューは他の読者のためにやる事だとも思い切れませんね(個人的な道楽でやっているわけで)。
 それに作者――あるいは作者に近い人も潜在的な読者の一人だとは思います。

 この記事はただひとつの視点から考えて書いてみただけで、このようにやれとはどこにも述べていませんよ。
 全てを包括的に考えてベストの記事をつくる方法を見つけられれば最高なのですが、私の能力では不可能なので、無数の視点から漸近的に良い方向に近付いて行きたいと考えています。
2007/08/18(土) 21:41 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/446-08d2296a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。