ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私が作品の記事を書く時には、基本的にその作品を読んだ直後か、何らかの時間をおいた後に書き、他の作品に取りかかってしまう事は滅多にない(雑誌は例外だが書く事の質が違う)。仕方のない場合でも、せいぜい2作品を続けるとか、別系統の記事を並立させて構想する程度だ。
 しかし、このほど4つの作品、25巻分をいっぺんに読んで、後で4つの記事を書く機会をえた。しょうじき、1ないし2つはものにならないだろうと考えていたのだが、意外とささやかなメモと記憶を頼りにしてそれぞれ満足のいく記事が書けた――細かいところは後から修正すれば良いし。
 暗い場所でものをみるには目標を凝視するのではなく、多少目を逸らして周辺視野で捉えたほうが見える事があるように、固有作品の記憶に意識を固定されすぎずにごちゃ混ぜに考えた方がアイデアが思い浮かびやすい場合もあるのかもしれない。
 内容をチャンポンにした方が、ひとつのテーマで集中するより、記事を量産しやすい道理である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/452-1255d028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。