ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一巻でひとつの記事にしたものはなかったけれど比較的長かったので、記念までに。
 最初の記事は2005年12月09日だから20ヶ月も掛けて全巻の記事を築き上げてきた事になる。
 原子力潜水艦をもちいたチェスのような戦闘面も魅力的だったが、すでに過去になった作品が近未来像を描いているために、現実と悲しい比較をしてしまうことも多かった。あのドクトリンが採用されてほしいとまでは言わないけれど、いい加減に核兵器や戦争について進歩的な答えがでてほしいと思ってしまった。

 かくいう私も作品の内容をうけて自分なりの意見をいうことはできずに、せいぜい再解釈のレベルに留まってしまったが、原子力潜水艦やまとの航海に付き合ったことには後悔していない。

 そういえば、かわぐち氏にはジパングという作品もあったなぁ。

感想記事まとめリンク
沈黙の艦隊 1-2巻 3-9巻 10-17巻 18-23巻
 24-25巻 26-29巻 30-31巻
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/453-b8a6920f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。