ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 トラックバックスパムのおかげで活性が低下しているような状況で荒唐無稽な考えかもしれないが、せっかくブログでやっているニュースサイトが増えているのだから、それらが積極的なトラックバックに打って出たら面白そうだと、ふと思った。

 たとえば楓の箱リロLive対戦日記さんは紹介したネギま!の感想記事にトラックバックしてきてくれる。そのようなハブ的な記事が感想書き側の目に触れることで同じことをしている隣人の存在をより近くに感じる事ができ、交流が促進される効果があるのではないか。
 明日は明日の風が吹くさんもここの記事に稀にトラックバックしてくれるわけだが、やはり言及記事で引かれている記事は同様のトピックス同士で行うトラックバックとは少し角度の異なるものがあったりする。

 しかしながら、ニュースサイト運営者としての自分の視点で考えるとそうやって紹介した記事にトラックバックするのはデメリットもある。
 まず紹介する記事が多いニュースサイトでトラックバックを飛ばすのは単純に大変だ。ライブドアブログであれば一度に5個までしか飛ばせないし、ジュゲムブログでは1日に100件の制限がかせられている。
 もうひとつは恩着せがましい感じがしてしまうのではないかという心配。ニュースコメントと紹介されるような文章には、いろいろな差があるわけで素直に受け容れてもらえるないかもしれない。

 まずはニュースサイト同士がその日付の記事でトラックバックを交わしあうような状況からかなぁ(情報元でリンクを張るのが既にトラックバックに似ているけど)。
 とりあえず私のブログはどれもニュースサイトからのトラックバックを歓迎するよ。

私のニュースサイト:全周無警戒
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/456-42a933fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 私はトラックバックも行うニュースサイトだけれども、それなりに言及出来たと思う時しかしていない(初期は訳も分からず全部送ろうとしていた事があるけど←反省)。  後、はてなダイアリー同士だと、リンクを貼るだけで自動でトラックバックも送られる(設定で止める事
2007/08/19(日) 23:00:58 | 明日は明日の風が吹く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。