ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 自分が作者だったらしてほしいレビューとしてほしくないレビューのような記事を書いておいて思う捻くれものなのだが「こうすれば間違いはない」「こうすれば絶対うまくいく」という方法を掻き集めてつくったサイトは本当に理想的なサイトになれるのだろうか?
 上述の記事のように作者にとって気持ちの良い記事ばかりが氾濫するのは万民にとって最高の状態とは思えない。読者の立場もそれぞれ大きく異なるのだ。提灯記事の過剰な氾濫は書き手と受け手の過剰な乖離を促進するばかりで良い事はないかもしれない。
 かといって無闇やたらと叩く記事ばかりでも困る。バランスを持った「公平な」意見は一見ベストに思えるけれど、実際はどちらにも煮え切らない部分が残ったりする。
 けっきょく記事が「最高」に統一されることは「最悪」の結果をもたらすのだろう。

 だからやはり、最高なんてものは求めずに多様なものを多様なまま認めつつも、ネアカに書けていける記事を増やしていくのがベターなのではないか。
 どうしても良い記事の書き方が知りたいと言われたら私はこう答えよう。
「自分にしか書けないと思うものを書いてください」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/461-de163a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。