ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 SEO的にみると360度の方針転換の記事は二種類に分けられる。ひとつは雑誌感想の記事を代表とする単体では検索エンジンにヒットする可能性は低いが他の記事へのリンクを増やし、ブログ全体の記事数を増やす事で底上げに貢献する記事、もうひとつは単行本感想と一部の考察を代表とする直接的に検索エンジンからのヒットを期待できる記事だ。このふたつが協調して機能する事で、単純に検索エンジンを狙った記事を量産するよりも効果的なSEOができていると考えている。

 ただし、単純に二種類に分けられるものでもなく週刊少年ジャンプ25号:新連載 瞳のカトブレパス:360度の方針転換のようにタイトルに新連載作品の長めの感想を組み込む事でSEO的な効果を発揮できるようにした記事もあれば、単行本感想なのに検索エンジンからのアクセスを期待できないものもある。
 特に激戦区で巻数の多い作品の感想はその傾向が顕著だ。ぶっちゃけSEOの事だけを考えれば1巻の感想さえあればかなりの効果が期待できる。その点、マンガ一巻読破さんのやり方は非常に賢いといえる。
 もしも続刊の感想にSEO的な効果を発揮させたいのならば、内部リンクを充実させる雑誌的な機能を重視していかなければならない。

 また一部には積極的にそれを期待している記事もある。構えずともそれなりの記事がかける作品はそっちの方面で重宝するのだ。たとえばQ.E.D.証明終了など、短編集的なおもむきをもった作品がやりやすい。こういう感想を充実させていく事で良い底上げになってくれるかもしれない。

 まぁ、当たるを幸い書いているものに何とか意味を与えているのが実際のところなのだけど……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/466-209b10c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。