ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私が雑誌感想を書く時に一話分だけで分離して一つの記事にできる作品、できそうな作品を並べてみる。一般的なおもしろさの基準とは違うけれども、ひとつの参考になれたらおもしろい。
 ちなみに全般的な個別記事の条件を並べると以下の感じ。このような条件であるから必ずしも好きな作品とは限らなかったりする。

・文字数にしておよそ750字以上になる。
・多角的に複数の言及したい部分があり、いくつかには考察を加えられる。
・なんらかのネタが仕込める。

 ちなみに「◎:恒常的に単独記事にできる」「○:気合をいれればできる、できそう」「△:作品とこっちのテンションが一致すればできそう」で言及なしはちょっと無理だとおもう作品。必ずしも実際に個別記事にしているとは限らない。引き抜いて全体の感想が手薄になっても困るのだ。

週刊少年ジャンプ作品
◎:該当なし
○:クレイモア、P2!(アキラ覚醒時)
△:P2!(通常時)、魔人探偵脳噛ネウロ、サムライうさぎ、テニスの王子様、アイシールド21
 三分の一くらいは担当できるが、一本の記事にするには厳しい作品がちと多い。P2!はぶっちゃけアキラがでてくると確変する。萌えコメと試合が見事に融合すれば言及部分が増えて単独記事にしたくなるかも。

週刊少年サンデー作品
◎:ハヤテのごとく!
○:お茶にごす、絶対可憐チルドレン、史上最強の弟子ケンイチ、マリンハンター
△:結界師、あいこら、金色のガッシュ、GOLDEN★AGE、イフリート~断罪の炎人~
 他にも△に入れてもいいかなと思う作品はちらほら。こちらは付き合いの深さもあって、やってやれないことはない作品が多め。でも実績のある作品はハヤテだけという状況。マリンハンターは世界がフレッシュな内の状況であって、これから話が安定してくると書きたい事が減る可能性がある。

週刊少年マガジン作品
◎:該当なし
○:魔法先生ネギま!
△:ダイヤのA、さよなら絶望先生
 ネギま!は自分のなかで煮え切らないものが生まれつつあるため、書くのに気合がいる。ここ2週個別記事を書いているけど、永続的なものにはできそうにない。全体的に付き合いが浅く、陣容も薄くなってしまっているのが否めない。キルウィザードはどこへいっちゃったんだろ……。

週刊少年チャンピオン作品
◎:竜の国のユタ、ギャンブルフィッシュ
○:ストライプブルー、フルセット!、ピクル
△:みつどもえ、ナンバMG5、Damons、聖闘士星矢 LOST CANVAS 冥王神話
 ストライプブルーは◎と言ってもよさそう。代わりに竜の国のユタがちょっと苦しい部分あり。手代木星矢など「できそう」というより、いつか個別記事に「してみたい」作品があるのも特徴か。ちなみにピクルはいいが、バキではとても無理だと感じている。まぁ、私はゾクセイですら個別記事にしてしまった前科があるからなぁ。

月刊少年ガンガン作品
◎:該当なし
○:スパイラル・アライヴ
△:屍姫、鋼の錬金術師、女王騎士物語、精霊の守り人
 私的な黄金時代であれば、守護月天・ハーメルン・東京UG・スパイラル本編etc.etc.挙げられそうなのだが、現状ではこの程度。気がつけばずいぶん低価安定してしまったものだ。話し自体は長いのだが、それだけに「核」をつくりにくくて語れない傾向がある。女王騎士物語なんか一話の中でうつろいが激しすぎる。マテリアル・パズルのように二話に分けろと言いたくなる。

・その他雑誌の作品
◎:海皇紀
○:インブレンソウル、ユーベルブラット、ヴィンランド・サガ
△:EDEN、ヒストリエ、Q.E.D.~証明終了、red Eyes、クラウン
 もともとひとつの雑誌で読む作品数が少なく、それゆえに長く書くことになれていたりする。海皇紀などは事実上単独記事を書いているようなものだし、伸ばせそうな作品は多い。

 以上のようなまとめになった。あくまでも個人的な嗜好ではあるが、世界観のひだまで感じさせてくれる作品・好きな分野に食い込んでいる作品ほど単独記事が書きやすく、ショート漫画・「個別」バトル漫画では単独記事が書きにくい傾向がある。
 そう考えると私がハヤテのごとく!の単独記事を書いているのは非常に不思議に思える。それについてはハヤテのごとく!はなぜ考察しやすいのか?で考察している。

関連記事・項目
とあるブログの舞台裏 雑誌個別記事の問題
とあるブログの舞台裏 漫画雑誌の感想を書くときの各作品ごとの機能
漫画雑誌感想の目次:360度の方針転換
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おれの場合、マテリアル・パズルの感想だけは毎月書いてます。
あとは適当です。

ジャンプ漫画なら、テニスをたまに単独で書いてました。

サンデーはガッシュやハヤテ、

ヤンジャンならライアーゲームですね。

2007/09/01(土) 00:11 | URL | #-[ 編集]
 やっぱり必ず単独記事にしようと考える作品は読む姿勢が変わってきますね。
 テニスは話自体は短いので個人的にはうまく乗れるかが不安なのですが、ツッコミマシンガンと化してしまえば案外書きやすいのでしょうか。
 ライアーゲームはほとんど読んだことがないですが、何となく単独記事になりやすいのが分かります。
2007/09/01(土) 01:40 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/469-74a9ee14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。