ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今までニュースサイトに紹介されることを考えてきたが、紹介されてしまうと以下のような問題が生じるかもしれない。

一部の記事でもってサイトの全体とみなされる
 木を見て森を見ず。ニュースサイトからやってきた人は紹介された記事しかみない。その記事でサイトの印象が決定してしまう。それが運営者にとって本意ではないことがあるし、紹介された種類の記事を書き続けなくてはいけないような心理的圧力を感じてしまう場合もある。

紹介されることに依存する危険がある
 紹介されてアクセス数が増える。それは嬉しいのだが、すぐにアクセス数は旧に復してしまう。何度か紹介を受けると記事が紹介されないと落ち着かない状態になる人もいるだろう。やる気がそこに集中したり、理不尽な恨みをニュースサイト運営者に抱くことにもなりかねない。

多くの訪問者に見られることでプレッシャーを受ける
 喜ばしいだけでなく見られることは精神的な重荷にもなりうる。自分の記事に誤謬はないか、つまらないのではないか、読者にどう思われているのか、という心配に襲われることもあろう。ニュースサイトからくる人は大抵コメントも残さないからプレッシャーはなおさら強い。

書いてから紹介されるまでに時間差がある
 特に連鎖が生じている場合は大きな波が記事を書いてから三日も遅れてやってくることがある。本人には書いたときの情熱が冷めている記事に視線が集中するのは居心地が悪いかもしれない。コメントへ対処するにも不安がある。

他愛もない記事を書きにくくなる
 何度も紹介されるサイトなどはある種公的なものになってしまう面があるため、私的なことを語るのに抵抗が生じる。サイトから生活の捌け口としての価値が失われてしまう。

 こんなデメリットを思いついたがニュースサイトに紹介されるメリットは嬉しいこと、紹介されなくなれば以上のデメリットを受けずに済むようになることだろう。デメリットを経験できるのもメリットのうちである。

ブログをはじめる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/47-88c1696d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。