ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ニュースサイト最適化に関する記事のまとめ。後から記事ごとに項目を追加する場合がある。

絶対成功するニュースサイト最適化 導入編

ニュースサイト最適化された記事の条件

ニュースサイト運営者に記事を見てもらうためには
検証1:明日は明日の風が吹く - ニュースサイト運営者に記事を見てもらうためには
検証2:北の大地から送る物欲日記 - 最適化よりも記事の質を上げたい。

ニュースサイトからリピーターを獲得するには

ニュースサイトに紹介されることのデメリット
参考:ekken♂:「ニュースサイト運営者に記事を見てもらう事」を主目的にはしたくないよね

 このシリーズを書くに当たってはごーるど銀賞 アクセスアップ考察に影響を受けたことを断っておく。


 ふぅ、やれやれ。私が挑戦するには経験と知識が足りないテーマだったかもしれない。おかげで勉強になった。
 ニュースサイトはサイト運営者が好こうが嫌おうが存在しているし、望もうが望むまいが向こうの価値観に照らし合わせてリンクを張ってくる。それらはネット上の一要素であり、ネットをやるなら可能なかぎり理解しておきたい存在だ。

 記事を見てもらう方法を考えたが、正直それほど良い方法は思い浮かばなかった。私が気付いていないのか、それとも存在しないのかは不明だが、確かなことはニュースサイト運営者にとって一番目に触れるのは自分の書いた記事であり、二番目に目に触れるのが巡回先の記事であるということだ。
 ニュースサイト運営者も基本的には保守的な動物(ウサギさん)であり、いつもの通り道で満足な餌が得られるのなら、わざわざ遠出しようと思うことは少ない。いきおい紹介する記事の傾向は巡回の傾向に左右されてしまうことになろう。

 ニュースサイトで紹介されるのはネット全体の公平な意見ではなく、運営者によって補正されたひとつの価値観の塊であることを忘れないようにしたい。多くの人が見るからといって、それがトレンドであるとは限らないのだ――が、トレンドを生み出してしまうこともある。
 ニュースサイトを利用するときはその辺りを念頭において、紹介されるものに自分の考えを持って対したいと思う。


※初めに断ったとおり「この記事に従ったけどニュースサイトに紹介されなかったぞ、ゴルァ」という人はコメントかトラックバックで連絡してくれれば、私のニュースサイトで紹介する。ただし、影響力・波及力はまったくない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/49-4a96bed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。