ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 たとえば初めて読んだ漫画の感想や巻数をまとめて行う感想では、全体に視線を分散させた作品総合の記事を書く。このような場合、良作だと自分でもどうかと思うくらい極端にべた褒めする記事になってしまいやすい――逆に酷評にはならないように気を使うのだが。どうしても面白い部分に意識が集中して、細部への注意は無粋に感じてしまうのだ。
 いっぽうで、巻ごとや話ごとに書く記事ではまず手放しで褒める事はありえない。既に繰り返し語っている事もあって、細部に注目した記事を書く。いきおい「難癖」に近いものも増える傾向がある。

 そしてこの二つの傾向は同じ作品に対して起こりうるのだ。これを精神分裂気味な感想という風に受け取られてしまうそうで気になる。
 前者はあまり極端に走らないようにどこかでバランスを取る場所をみつけ、後者は部分の全体の中での位置づけという意識を常にもって、記事を書くように注意したいものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/504-3e7619c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。