ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3月末から4月一杯まで記事を書き溜めてはネカフェなどで放流する更新を繰り返してきた。そこでえた所感を記しておく。みんな当然のことにすぎないが。

デメリット

・ともかくリンクが貼りにくい
 オフライン環境ではリンク先を参照できないのだから当然URLを調べるのが不可能で、リンクしたいと思いついた記事があっても貼りようがなかった。一部のアドレスだけは記事のテンプレートに含めていたので更新できたが準備不足だった感は否めない。
 さらに更新後の記事へ別の記事からリンクを貼る作業もまともにできなくて本格復帰してから一挙にやる形になった。読むほうも不便だしSEO的にも不利だ。
 そもそもリンクを貼るのにCOPY URL+を使っているのでネカフェの環境では面倒で作業してられない。

・調べものがしにくい
 記事を書いていて連想したことがあっても検索でチョチョイと調べることができない。辞書を引くにしてもマニアックな言葉だとお手上げだったりする。ネットの威力を再確認する形になった。
 そして、パロディネタを書くのも難しくなっていて辛かった。原典に当たる手もあるが資料がちょうど手元になかったり載っている場所が分からなかったりで苦労が多い。あまり時間をかけると文章の勢いが落ちてしまうのも問題だった。

・コメント、トラックバックがしにくい
 コメントについてはまとめて返すことにしていたが、かなりの遅れを生じてしまった。数がたまっているとトップから誰のコメントにレスしたのか分からなくなってしまうのも困った。そしてトラックバックについてはほとんど断念せざるをえなかった。

・修正ができない
 間違いがあったと気付いてもオフライン環境では直しようがない。気付かないほうが精神的には幸せだったりする。というか気付くのも難しいのでミス率が増えたのではないか。

・タイムラグが増える
 基本的に土日に更新していたので特に週刊少年誌感想では執筆から投稿までの差が広がることになった。ジャンプ感想などは払った労力に比して今までより相当低い読者しかえられなかったはずだ。記事そのものはいつもどおりに書いていたのでかなり歯痒かった。


メリット

・推敲の時間が増える
 上のを逆に解釈すればこうなる。ほとんど書き上げると同時に更新していた感想はこれによってかなりの余裕をえることができた。まぁ、考える時間が少なければそれほどの効果はないのだが……記事を寝かせられるのはちょっとした安心感がある。

・集中して書ける
 ネットにパソコンが繋がっているとあっちにフラフラこっちにフラフラしてなかなか書き進めないことがあるけど、オフライン環境だとできることが限られているので必然的に作文に打ち込むことになる。ネットサーフィンに時間を取られなかったこともあって、ずいぶん効率的に記事を生産できたと思う――ネットを巡るのも愉しみのうちなので嬉しいだけではないが。


 今回の環境にさらされたことで自分はブログ運営とネット巡回の二択を迫られたらブログを選ぶ人間だと確認できた。つまり最悪ネットをやらなければブログはできる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/565-0e3b6caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
・とあるブログの舞台裏 オフライン環境で記事を書くことのデメリットとメリット  昔書いた記事を思いだした。  オンラインでナイトね… -...
2008/05/13(火) 21:47:36 | 『斬(ZAN)』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。