ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ねぇよ。

 非はてな漫画レビューブログ・サイト管理人が分家としてはてなを使うことが多い件 - 漫画は1日3~4時間に便乗してちょっとばかり書いてみる。
 この記事で例としてあげられているそれでもハンニバルは進むだが、更新状況からみていうまでもなく、分家の中でもかなりの傍流に属する。後漢末王室にとっての劉備みたいなものだ。私の中での360度の方針転換御三家は全周無警戒(尾張)、読書は呼吸(紀伊)、とあるブログの舞台裏(このブログ、水戸)という感じで、尾張に将軍は任せられず水戸にお鉢がまわったらオシマイである。

 はてなダイアリーがサブブログとして使われやすい理由としては、nadegataさんが指摘されているように、はてなにはサイトを運営する上で便利なツールが揃っており、「ツールの一部」感覚でブログが始められてしまうことが第一に挙げられるだろう(私の場合は他の分家ブログサービスさえも「本家をもりたてるツールの一部」として開設した経緯があるので、ちょっと感覚が異なるのだが)。
 さらに敷居を低くしている原因に「タイトル」をあげておきたい。ブログをはじめるときは内容を決めて、タイトルを決めて、テンプレートを決めて、といろいろな下準備が負担になるものだが、はてなダイアリーの場合は「“id”のダイアリー」という形式が普通に散見される。
 硬派なまでに安直なネーミングが許容される空気からもわかるとおり、かなり勢いで作れるのだ。「できちゃったブログ」である。

 反対に「はてな漫画レビューブロガーがはてな以外に分館作ること少ないよなぁ」なのは、はてなダイアリーというサービスが異常に記事の連投に耐える性質をもっていることが大きいと考えられる。
 日付ごとにまとめて、記事ごとに展開して、はてな記法でカテゴリわけして――と非常に融通が利く。例えばライブドアブログのように記事が溢れてしまう感じをさせないのだ。
 それでも、はてな畑の人が分家をもっている場合はトップに大きく記事を展開しておきたいニュースサイトである場合が多い。

 私の観察ではそんな風にまとめられる。シーサーブログは単一IDで複数のブログを持てるから分家を作るには便利――私の場合は全周無警戒上弦の月を食べる日々+αのように――なんだけどあえて他のサービスを触ってみたい人を引き付けることはできない。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分の思いつきの記事に、納得の出来る理由で答えていただきありがとうございます。
2008/07/06(日) 00:28 | URL | ナデガタ #-[ 編集]
 いえいえ、こちらこそ。「はてな分家」の傾向は私も感じていたのですが、あれだけの実例は私には挙げられません。ナデガタさんのおかげで考えをまとめることができました。
2008/07/06(日) 00:42 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/581-c0f60177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。