ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 太字は使いこなせば有効な手法だ。
 ただし、私の場合は雑誌感想ではタイトルにも使っているため、前後の近い位置におかないように気を配っている。だからやはり個別記事で使うのが真骨頂。そもそも私は、太字を何度も推敲したくなる記事に最後の仕上げとして使うことが多い。

 そして、なにごとも使いすぎは良くない。強調なのに全体にばら撒かれている感じではどこに注目したらいいのか分からなくなって、かえって散漫な記事なってしまう。私見では他の色や文字サイズも併用は全部で三種類くらいが限度だろう――記事の内容よりも楽しそうな雰囲気で勝負するなら別の論理が成り立つかもしれないが。

 まぁ、最近の私はタイピングの手間もあって太字よりも「」で強調してしまうことが多くなっている。いちおう使い分けは意識していて、強調は文章や文中の意味、カッコは単語そのものを際立たせるようにしているのだけど、所詮はいちおう。
 

 記事をおもしろく読みやすくすることが目的であって、太字などに使われるようでは「本末転倒」だからね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/587-fdf8d517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。