ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 基本的に雑誌感想記事は検索エンジンからヒットすることが少ない。その原因としては雑誌名そのものはメジャーすぎる上にネット上の記事数が多すぎること、作品タイトルなどでヒットするには記事内におけるキーワード密度が低下していることなどが挙げられる。
 ただし360度の方針転換~漫画感想考察ブログの場合はいくつかの例外が生じているので並べてみる。


・新連載作品のタイトルが入っている記事
 これはトラックバックからのリンクが影響するのか非常に強くて作品がメジャーになりきれていない初期などにはかなりの強さを発揮する――いつまでも私のこの手の記事が上位にある作品はネット人気的にちょっと残念な状態にあるのかもしれない。特にジャンプ作品のものは有力だ。

・印象的な用語に言及した場合
 例えば殺鳥とかネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲とか新キャラ名とか、一般的に寿命は短いがそれなりにまとまった検索がみられる。もっと有効なのは読切を描いた新人漫画家の名前を記載しておくことだ。
 個人的にこれらの単語は記憶を強化するために意図的に言及することがあるのだけど、それだけに検索してくる人が満足できるだけの情報量があるかは疑問も残る。本当に重要な用語だったら後からまとまった記事にされるはず、と信じてはいるが。

・号数がキーワードに入っている場合
 これでのヒットがたまに目立つ。しかし、時間差的に考えて最新号のものではなく1年前や2年前の記事がヒットしている可能性が高く、意図したものを提供できていない可能性がある。たまには1年前の記事と相互リンクしてみるのも雑誌や作品への視点の変化が楽しめて面白いかもしれないな――自分の感想に一貫性がなくて泣けたりして。でもまぁ、手間。
 こういうアクセスは1年以上続けてきたことに対するボーナスみたいなものだと何となく思っている。

・ブログタイトルがキーワードに入っている場合
 私の記事をピンポイントで読みたがってくれているわけで、誇らしい。傾向としてはサンデー感想が多いようだ。ちなみに検索しなくてもカテゴリページから追っていくこともできる。

・マイナー雑誌
 感想記事が検索順位にくることが……でも、ヒットが少ないのは悲しいものがある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/597-10f15b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。