ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 マンガサイト・ブログに希望することを読んでたら、石川九楊ショウペンハウエルのカクテルを飲んでるような気分になった。

 たとえば源氏物語の位置に「昔のサイト」を置いているような感じだ。それはもはや「良いものの規範」となってしまってわけで、最高点に設定しておいてから他の点と比較している。そう感じる私の視点からはアンフェア・ナンセンスといわざるをえない。ただ、昔のサイトの方が良かった――は源氏物語は至高!ほど市民権を得ていない気はするが。
 もうひとつショウペンハウエル的な「読者は良いものだけ読んでろ」的主張にはダメ時間浪費家として肯んじえきれない。正直に申し上げて良作良文良哲学づけでは疲れるのだ、自分の非才に絶望する気力すら途絶の憂き目に陥るのだ、人生で有意義に消化しきれる気になれないのだ、なにより「時間を無駄遣いすることはお金の無駄遣いに匹敵しつつ多くの人に出来る娯楽」なのだ。その行為自体に悦楽がある――ソリティアに費やされた全人類のマンアワーを結集すれば火星植民くらいできるよね?我が身を振り返れば糾弾する気は起きんが。
 まぁ、それでも後者の崇高な理念に対しては共感するところなきにしもあらず。なんといっても自己を選ばれた創造の担い手に位置づけて妄想することはこれまた時間の浪費に匹敵する悦楽だからねっ。


 私が憂慮するのは批判を受けていた類のサイトが増えたことそのものではなく、いわいる「ちゃんとしたサイト」がその中に混ざって望む人に見つけられない事と、本来なら体系的な「仕事」ができしたいと思っていた技量の持ち主が小手先の散漫な記事で情熱を満足してしまい実力を発揮しきれないままに時間を費やしていく事だ(逆にもともと「力はあっても書けない人間」をブログが発信者にしたことも評価すべき)。
 そして、基本的に後者の問題は前者が解決されていけば、体系的な仕事へのモチベーションが自然と上がるので解決するはず

 というわけで、今こそディレクトリ型検索エンジンを見直すべきとき!なのかな?
 個人的にもいろいろとリンク集を整備したり試みているが、無力。ソーシャルブックマークも掲示板もどこかで躓いているのを感じる。私の杞憂に対する抜本的な対策はみつけられそうもない……いくらなんでも手に余るよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/601-bb191a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。