ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 少なくとも私にとっては。
 ブログをはじめる前は(あんなこともこんなことも、あわよくば……)などと構想していたとしても、どこかで壁に突き当たるのが常だった。

 たとえば、特定の漫画を可能なかぎり盛りたてたいと志していたとしても、ある程度時間が経過すれば(嬉しい事に)一辺境サイトの応援なんぞ無意味に思われるほどヒットするか、(悲しい事に)あえなく終了してしまったりする……私がメジャー漫画を多く応援している印象を与えているとすれば、それはマイナー漫画には直ぐに終わってしまうものが多くて継続できないからに過ぎない。
 「あの折かるたを第一部・完にされた恨み忘れようとて忘れられぬわ。沢編集長が流派、ぶちゅレロにしてくれる」
 果たして私は正常なのだろうか。釣り屋ナガレの再連載を決めた相手におう吐をもよおすようなこの執念



 現実に突き当たって目的を見失ってしまえば、目的を探すことが目的になってしまう状況さえ現出しかねない。
 そんな時期がブログを続けるにはいちばん不安定で――止めるには一番のチャンスで――私の場合は、はじめた理由が叶わないことを思い知ったときと、すっかり「成長が止まった」と意識した時に訪れたものだ。
 ちなみに今は、このまま続けていけばブログ運営が呼吸や読書と同意義になりそうなので、わざわざ理由を探さなければならないのもナンセンスという想いでいる。同時に、さすがにそこまで行くのは無茶苦茶怖いんだけど――もうすでに…?


 やはりやってみなければ分からない感覚はあるし、仮に全ての得られるものと失うものを把握できている人間がいるとしてもレビューサイトをはじめようなどとはまず考えないだろう(まぁ、サイトをはじめ難いブログ以前の昔はそんな「余程の人物」ばかりだった気もするけれど)。
 多くの場合ははじめてしまって「夢」に目を輝かせている間に生まれる自サイトへの愛着や習慣などが、初期の夢の残滓や新しいモチベーションを補強して、その後のサイト運営を牽引していくのだと思う。
 まるで結婚生活みたいだ……と、サイト運営で結婚生活を仮想体験した気になっていてはそれを続ける本当の理由には至れまい。他の何もかも、みんな同じか?これも一巡して悟った気分になっているだけの予感。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/617-ff49e3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。