ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 思えばガイドラインネタを中心にずいぶんと多くの改変記事を手がけてきた。いわばチャチャっと作れる美味しいおつまみ。アイデアさえあれば基本的に負荷が少なく、すべてが自分からでているわけではないおかげで読み返すときの心理的負担もおさえられる。
 そんな改変ネタが好きだ。

 そうやって繰り返してきた結果、個人的にみえてきた改変のコツが「どうやって変えるかではなく」「どうやって変えずに済ませるか」という思考法だ。これが上手くできると驚くほどラクで楽しい。


 積極的なメリットとしては「素材の味を活かす」効果が挙げられる。
 改変元にするほど周知されているネタなら多くの場合、もともと強烈なおもしろさを持っている。それを殺すことなく要点で的確な改変を行うことで最大限のパフォーマンスを引き出すことができる(と信じる)。

 消極的には強引に弄るよりも元々の形からできるだけ動かさないようにしたほうが「巧い」と好意的に評価される可能性が高いことが挙げられる。言い回しを詰め、字余りを殺し、韻に可能な限り忠実に――根本的なアイデアで劣っていても「技巧」の見せ場にすることはできる。
 まぁ、これは楽とは限らないんだけど上手くいったときの自己満足感はそれなりにあるのだ。


 今日も私はこの方法論で新しい改変に挑む。次の「真理」に目覚めるまで。


改変ネタの例(改変「先」のネタが分からないとチンプンカンプンかも)
イカ娘の世紀:360度の方針転換
全盛期の我妻由乃:360度の方針転換
西ルメリアナ大陸でありがちなこと:360度の方針転換
ミコノス島戦記:360度の方針転換
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/634-7f2ae5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。