ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ……あの巻末ページも不正コピーしてアップされないだろうな。
 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.comにも掲げられているので、話題にしたい人はこちらを見てねと参照リンクを貼るべし。


 内容は当然といえば当然だが、漫画家それぞれの濃淡を感じさせず言いきる形式になっている。
 よほど作者と編集が密接で、きちんと意見のすりあわせができているに違いない。

 個人的には悪いことは悪いと大前提にしすぎて、情緒に訴えている部分が目立ち過ぎている文章に感じられた。作者の意図をいうなら、編集者が付ける次回予告やアオリはどう位置づけられるんだろう?単行本と雑誌で変わってくる部分は許容されるのかな?
 などなど多少思うところはあるもののそれは本来の問題ではない。制作者様側が表立ってこれだけはっきり言ってきたのだから、該当することをやっている人は考える必要がある。

 このことを受けて私は「可能性上は存在する」自分が泳げる領域が狭まったような息苦しさを覚えた。漫画を読んで楽しく感想を書くつもりが、気が重くなってはどうにもやるせない。
 ジャンプ編集部としてもこういうのは本意ではないのだが、あまりのヒートアップに呼びかけざるをえなかったのだろうなぁ……はぁ。どこかのサイト様が小さく切り出しているのをみて{こういうことをしていいんだ!(こんな有名サイトもやっているんだもの!)}と思った管理人が真似て、それを見た人がまた……はぁ。そんな管理人が「独自性を出す(と思い込んでやる)」手っ取り早い方法は……はぁ。


 ちなみに漫画という媒体の特性上、画像ばかりが意識されているかもしれない。でも、私もたまにやるセリフの抜きだしにも著作権的に問題がある……自粛を考えはじめると加減が分からず、止めるしかないんじゃないかと思えてくる。
 とりあえず私は、正式な形の引用ならともかくネタ記事で週刊少年ジャンプ作品に触れるのは今後極力避けることにする(ジャンプ作品が身に沁みているから怖い)。今日の、いぬまる改変ぬらりネタ記事は実に間が悪かった……自分では気に入っているのだが。あー、なんかつまんない、つまんないなぁ。


私のジャンプ感想記事見出し
360度の方針転換:週刊少年ジャンプ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/640-5c9d43d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。